日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

エリンギの栄養成分・効能・カロリー!妊婦さんにもおすすめ!

エリンギ 栄養 効能

エリンギの栄養成分・効能・カロリー!妊婦さんにもおすすめ!野菜の中でも きのこ類が好きという
人は多いですよね。

 

きのこは和風、中華、洋食にも合うので
冷蔵庫に常備していると使い勝手が良く、
便利ですね。

 

椎茸を筆頭に、しめじやえのき、舞茸、
松茸などの高級品もありますが、
エリンギも美味しいですね。

 

そこで今回は、エリンギの栄養成分や効能、
カロリー
などについてご紹介します!

 

普段何気なく料理に使っている食材でも、
その良さがわかるかもしれませんね。

Sponsored Link

 

エリンギの栄養成分とカロリーは?

きのこ類というと、カロリーは低いけれど
栄養価も低いというイメージが有るかも
しれませんね。

実際のところはどうなのでしょうか。

 

エリンギの特徴というと、あのコリコリ
した食感ですよね。

その食感の正体は 食物繊維です。

 

エリンギにはサツマイモよりも多くの
食物繊維が含まれているんですよ!

 

その性質も「不溶性」ということで、腹持ち
が良かったり、腸まで溶けずに届きそうです。

 

きのこ類全般に含まれているミネラルも
バランス良く含まれ、特にデトックス効果
の強いカリウムは魅力です。

 

また、水溶性ビタミンに分類される 葉酸
含まれているのも特徴ですね。

 

もともと、きのこ類全般にはビタミンB2
多く含まれており、エリンギの場合は
さらに ビタミンDを含んでいます。

 

残念ながらビタミンA、Cは含まれていない
ため、他の食材で摂取したいですね。

 

栄養学的には特出するような成分は少ない
ですが、 ナイアシン パントテン酸など
聞き慣れない成分を含んでいるのも特徴
です。

 

 

また、エリンギのカロリーに注目すると、
可食部100g当たり24kcalほどです。

 

しめじが18kcal、えのきが22kcalですので
やや高めですが、大きな違いはないようです。

 

やはりきのこ類全般は、低カロリー食品
ということで、ダイエットにも活かせそう
ですね。
 
えのきの栄養と効能・美味しい食べ方は?
 

 

エリンギの効能は?

エリンギは、単にカロリーが低いということ
だけでなく、ダイエットにおすすめの理由が
あります。

 

それは 不溶性食物繊維 カリウムが豊富な
こと…。

 

もともと食物繊維には、腸内を程良く刺激して
便通を促す働きがあるため、美肌を作る効能
にも優れています。

 

男性よりも腸の働きが弱い女性には、おすすめ
したい食材です。

 

さらに、コレステロールを下げる働きもあり、
生活習慣病の予防にも必須といえる成分です。

 

さらにカリウムは、余分なの塩分(ナトリウム)
体外を排出する働きがあるため、 高血症の方にも
おすすめです。

 

利尿作用も強いため、むくみの解消にも
役立つ存在です。

 

そして、ビタミンB2には、活性酵素の働き
を抑制する効果があります。

 

これは動脈硬化やがん発症の予防に繋がる
ため、積極的に摂取したい成分です。

 

その他、 ナイアシンは血流を促す作用があり、
手足が冷えるという人にもおすすめです。

 

エリンギはダイエットにも有効な食材ですが、
生活習慣病の予防に役立つ栄養素が多いのも
嬉しいですね。
 
しめじの栄養と効能・美味しい食べ方は?
 

 

エリンギの栄養・妊婦さんに良い?

妊婦さんには積極的に摂りたい栄養素という
ものがありますよね。

例えば、 鉄分 葉酸です。

 

特に、葉酸は胎児の成長に欠かせない成分
して注目され、不足すると奇形などの原因
に繋がります。

 

ほうれん草や明日葉などの緑黄色野菜だけ
でなく、エリンギにもしっかり含まれている
のです。

 

さらに妊娠中のお悩みといえば、便秘や
むくみが挙げられます。

 

これは、食物繊維や利尿作用の強いカリウム
などの働きで、幾分改善できそうですね。

 

体重の増加を気にする妊婦さんでも、エリンギ
で太ることはまずありませんので、積極的に
食べていただきたい食材でもあります。

 

とはいえ、どんな食品でも過剰摂取は体に
負担をかけるため、適量をいただきましょう。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。