日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

飼いやすいペット・室内でも一人暮らしでもOK!魚や爬虫類も!

飼いやすいペット

飼いやすいペット・室内でも一人暮らしでもOK!魚や爬虫類も!新しい家族が欲しくなり、 ペットを飼おう
と思うことはよくありますよね。

 

しかし、犬や猫以外に、どんな生き物が
飼いやすいのかよくわからないことも…。

 

特に一人暮らしの方やマンションに住んで
いる方だと、ペットも限られてきますね。

 

最近では、珍しい魚や爬虫類を飼っている
という人も増えているようです。

 

そこで今回は、比較的飼いやすいペット
ご紹介したいと思います!

Sponsored Link

 

室内で飼いやすいペットは?

室内でも飼える はとても人気が高い
ですね。

 

特にミニチュアダックスなどの小型犬は、
子供も大好きで、部屋の中で一緒に遊んだり
して、なつくととてもかわいいですね。

 

他にも人気があるのは小動物で、ハムスター
やモルモット、うさぎなどはニオイも少なく、
散歩も必要ないので、とても飼いやすいです。

 

シマリスやモモンガなども 手のひらサイズ
人気が高いですが、100メートルを滑空する
ムササビになると、部屋で飼うには狭すぎる
かもしれません。

 

生まれてすぐに飼い始めれば、手からエサを
食べてくれるほど、なつきも早くなります。

 

また、カラーバリエーションが豊富な インコ
飼育スペースもあまり必要ないので、お世話も
比較的楽ですね。

 

インコは鳥の中でも言葉を覚えたり、手乗りに
なったりするので、とてもかわいいです。

 

 
観賞用に飼いたい場合には、熱帯魚などの魚も
癒してくれる存在になりますね。

金魚に飽きてしまった場合は、挑戦してみる
のも良いでしょう。

 

小さな水槽でも飼うことができ、世話は1日1回
のエサやりと、月に数回の掃除だけで済みます。

 

ちょっとマニアックですが、ヘビやトカゲなど
爬虫類は、あまり手間がかかわらないようです。

 

エサもペットショップで簡単に買うことができ、
ケージに新聞紙を敷いておけば、それを交換する
だけで掃除は終わります。

 

毎日エサをあげなくても良いタイプが多いのも
利点のようです。

 

 

一人暮らしで飼いやすいペットは?

室内で飼いやすいペットを挙げましたが、
一人暮らしとなると、また変わってきます。

 

特にマンションなどに住んでいる方だと、
鳴き声などが気になりますね。

 

小動物は、鳴き声も匂いも気にならないため、
マンションなどの室内でも大丈夫ですね。

 

ただし、仕事などで毎日帰宅できない人の
場合は、少し難しいかもしれませんね。

 

 

ハムスターやモルモットは、エサと水を
1日1回交換してあげれば、自分で自由に
食べるのでとても楽です。

 

うさぎも人になつきやすく、その中でも
ネザーランドドワーフ ホーランドロップ
イヤー
は人気があります。

 

鳥は寂しがり屋ですが、遊んであげれば
他の手間はあまりかからないので、運動不足
に気をつければ問題はないようです。

 

セキセイインコや文鳥などは、手乗りにも
なるので、昔から好まれていますね。

 

最近では、 ヤドカリもペットとして注目され
ているようです。

ちょっと意外ですが、ペットショップでも
よく置いてあります。

 

綺麗な貝殻や、貝殻以外のものにも宿替え
することがあるので、見ているだけでも十分
楽しめるペットです。
 
犬が死んだら手続きはどうする?魂はどこへ?
 

 

魚や爬虫類で飼いやすいペットは?

魚では、小さい水槽でも飼いやすい 熱帯魚
おすすめです。

 

淡水魚なら、グッピーやテトラ系の小さい魚
を5匹ずつくらい群れにして飼い、カラフルな
水草を入れておくととても綺麗です。

 

また、ちょっと大きめの魚でも、1匹で飼う
のはとても楽です。

 

魚はエサのコストもそれほどかかりませんし、
水を綺麗にしておけば、10年以上も飼うこと
ができます。

 

爬虫類は「鳴かない」「部屋が汚れない」
「ニオイが少ない」
の3拍子が揃っているため、
好きな人には最も飼いやすいペットです。

 

おすすめなのは、 ヒョウモントカゲモドキで、
ヤモリの一種ですが、値段も3000円ほどです。

 

飼育コストも安く抑えられ、寿命も長いので
とても愛着が湧きますね。

 

ヤモリはどうしても苦手だという方は、カメ
が良いかもしれません。

 

リクガメという種類であれば、水槽に水を
張らずに飼育できます。

 

エサは野菜などでもいいですし、生きたエサ
をあげるのが苦手だという方でも安心です。

 

 

いかがでしたか?

珍しいペットを飼ってみるのも楽しいですが、
ワシントン条約に触れない程度にしておいて
下さいね。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。