日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

アネモネの花言葉・色別や英語では?ギリシャ神話の悲話に纏わる花!

アネモネ 花言葉

アネモネの花言葉・色別や英語では?ギリシャ神話の悲話に纏わる花!花にはそれぞれ 花言葉があり、プレゼントで
頂いたりすると、その意味が気になりますね。

 

男性の場合だと、花を買ったり贈ったり
するときに、その意味を調べるという人は
少ないかと思います。

 

今回は、 アネモネの花言葉をご紹介しますが、
その意味を知り、贈るときの参考になれば
と思います。

 

こっそり思いを込めてプレゼントするのも
素敵ですよね。

Sponsored Link

 

アネモネの花言葉は?

アネモネといえば、歌のタイトルなどにも
使われていたりしますね。

 

その全般的な花言葉は・・・
「はかない恋」「恋の苦しみ」です。

 

どこか切なくなるような、青春の思い出を
呼び覚ます言葉ですね。

 

なるほど、歌のタイトルに使われるのも
納得といった印象を受けます。

 

アネモネには片思いのイメージがピッタリで、
他にも 「見放された」「見捨てられた」という
意味もあるようです。

 

実は、これらの切ない言葉は、ギリシャ神話の
悲しい伝説
が元になっているようです。

 

アドニスという美しい少年は、美の女神である
アフロディーテや、冥王ハーデスの妻である
ペルセポネから愛された人間です。

 

いつしか2人の女神はアドニスを取り合う
ような仲になってしまいました。

 

そこで、アフロディーテもペルセポネも
平等にアドニスと過ごす時間が与えられ
ました。

 

しかし、アフロディーテは自分に与えられた
時間を守ることなく、ペルセポネの怒り
買うことになりました。

 

そこで、アフロディーテの愛人とされる
軍神・アレスに告げ口をして、嫉妬した
アレスは凶暴な猪をアドニスのもとへ
送り、殺してしまいました。

 

ただ、アフロディーテはその死を悲しみ、
アドニスの体から流れる血にアネモネの
花を咲かせ、忘れないようにしたのだとか…。

 

そして、冥府に落ちたアドニスを不憫に
思い、せめて夏の間だけでもアネモネの
花を咲かせるよう、大神ゼウスに頼んだ
そうです。

 

2人の女神の片思いを受け、亡くなって
しまったアドニスは、結局誰に見放された
というのでしょうか。

 

それは、人間でありながら女神に愛された
罰として、天に見放された結果なのでしょうか…。

 

 

アネモネの花言葉・色別は?

アネモネは、色別にも花言葉があります。

 

赤・・・あなたを愛します。
ピンク・・・待ち望む
紫・・・あなたを信じて待つ
白・・・真実、期待、希望
青・・・堅い誓い

といったものです。

 

色別にみると、熱烈な 愛のメッセージ
を意味するものが多く、好きな人に
贈る場合は色にも配慮するべきですね。

 

 

アネモネの花言葉・英語では?

英語では、アネモネは同じ「Anemone」です。

 

別名は「Windflower」で、「風の花」
意味し、風の影響を受けやすい儚い花です。

 

アネモネの全般的なものですと、
「anticipation(期待)」
「forsaken(見捨てられる、見放される)」

といったものがあります。

 

日本の花言葉も西洋から伝わったことが
わかりますね。

 

アネモネの特徴

原産地は地中海岸です。

名前の由来はギリシャ語で風を意味する
「アネモス」から来ています。

 

春から夏の爽やかな風が吹く季節に咲く
花ということで、その名前の由来となって
いるようです。

 

寒い冬は地中で過ごし、暖かくなる時期に
開花する球根花です。

 

現在では開花時期は3月~5月で、最盛期は4月
となっており、キンポウゲ科のイチリンソウ
属の花です。

 

そして、アネモネの一番の特徴といえば、
花びらがないことです。

 

実は、色とりどりの花びらに見えるところは
花びらではなく、がく弁なのです。

 

切ない花言葉になんだかぴったりな印象
を与えますね。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。