日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

妊娠初期の妊娠糖尿病の原因・つわりや食事も!胎児の先天奇形も!

妊娠初期 妊娠糖尿病

妊娠初期の妊娠糖尿病の原因・つわりや食事も!胎児の先天奇形も!妊娠初期に検査をして、 妊娠糖尿病だと
診断されると不安になりますよね。

 

特に初めての出産となると、堕胎などを
勧められたらかなり辛いです。

 

ですが、早期に発見できればリスクも少なく
出産することができるようです。

 

糖尿病の専門医や産婦人科医と協力して
血糖値をコントロールすることが大切です。

 

糖尿病になってしまったら、胎児も心配
ですが、自分の体も心配ですね。

 

そこで今回は、妊娠初期の妊娠糖尿病の
主な原因や治療法、胎児への影響
などに
ついてご紹介します。

Sponsored Link

 

妊娠初期の妊娠糖尿病の主な原因はつわりや食事?

最近では、 妊娠初期に糖尿病になる女性が
増えてきているようです。

 

妊娠糖尿病の原因は、血液中の糖の分解
難しくなることだと言われています。

 

私たちが食べたものは消化・吸収され、
ブドウ糖になって血液中に入ります。

 

その際、すい臓から分泌されるインスリンが、
血液中のブドウ糖をエネルギーに変換させる
働きを担っています。

 

しかし、妊娠すると胎盤からインスリンの
働きを抑えるホルモンが分泌されます。

 

また、インスリンを壊す 酵素がつくられたり
するため、その効力が低下してしまいます。

 

そのため、普段と同じような食事などでも
高血糖になってしまうことがあります。

 

加えて、妊娠したからといって過剰に食べる
と、妊娠糖尿病になる確率が高くなるのです。

 

また、妊娠初期のつわりが大きな原因と
なっていることがあります。

 

つわりがひどくて、食べたものを全部
吐いてしまうという方も多いですね。

 

そのため、糖質の多いジュースやお菓子、
果物などは大丈夫ということで、つい多め
に摂取してしまう人が多いです。
 
逆子の原因は妊婦の冷え!自転車やストレス、動き過ぎも!
 

 

妊娠初期の妊娠糖尿病・入院やインスリン注射の必要性は?

妊娠糖尿病になると、 入院を余儀なくされる
こともあります。

 

少しでも血糖値が高いと、食前と食後の血糖値
の比較をしたり、食事を管理したりすることも
必要です。

 

これは管理入院というもので、それほど深刻な
ことではありません。

 

母体にも胎児にも異常がないように、血糖値の
確認や食事管理による血糖値の上昇を抑えるため
のものなので、あまり心配し過ぎないで下さい。

 

もちろん、 インスリン注射をすることもあります。

仕事でどうしても入院できない場合などには、
インスリンで血糖値を下げるしかありません。

 

血糖値の高さによっては、その量が増えることも
ありますが、きちんと調整して血糖値を抑える
ことができれば、問題はありません。
 
妊娠中のむくみを改善するには?
 

 

妊娠初期の妊娠糖尿病・胎児が先天奇形になることも!

胎児は母親の血液から栄養をもらって成長して
いるため、もちろん血液中のブドウ糖も胎盤を
通って 胎児に運ばれていきます。

 

つまり母体が高血糖であれば、胎児も同様に
高血糖状態になってしまいます。

 

では、もともと血糖値の高い血液が胎児の体内に
運ばれることで、どのような弊害が起こるので
しょうか。

 

胎児の体(とくに臓器)というのは、まだまだ
未熟なので、余計な負荷が掛かってしまうと、
ある問題が発生します。

 

最も多いのは、胎児が成長しすぎて 巨大児
なったり、生まれながらに何らかの 合併症
伴うことです。

 

巨大児になると、胎児が仮死状態になったり、
腕の神経麻痺を起こしたりしますが、母親も
ケトアシドーシスを起こしたりします。

 

流産や多血症、電解質異常、心臓の肥大などの
心配もあり、胎児の命の危険性も高まります。

 

先天奇形としては、中枢神経系骨格系
消化器系などと、いろいろな異常が起こる
可能性があります。

 

母親がしっかり管理していれば防げるはず
だったことが、先天奇形として現れてくる
恐れもあるのです。

 

 

いかがでしたか?

しっかり対応すれば胎児も母親も安全で、
産んだあとには妊娠糖尿病が治るケースが
ほとんどです。

 

ただし、両親などに糖尿病がある方や
流産を経験されている人などは妊娠糖尿病
になりやすく、 出産後も治療を要する場合も
あります。

 

五体満足で元気な赤ちゃんを産むためにも
専門医と相談しながら、適切な治療を受ける
ことが大切ですね。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。