日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

授業参観の服装・母親と父親の主流は?公立と私立での違いも!

授業参観 服装

授業参観の服装・母親と父親の主流は?公立と私立での違いも!小学校の初めての 授業参観は、地域や学校にも
よりますが、5~6月の場合が多いですね。

 

自分の子供が、学校ではどういう風に
過ごしているか、気になる頃ですよね。

 

友達はいるのか、ちゃんと先生の言うことを
聞けているのかなどなど…。

 

しかし、保護者の母親や父親にとっては、
どんな服装で行くべきか、悩むこともあると
思います。

 

フォーマルで行くべきか、カジュアルで良いのか、
最初は迷ってしまう方も多いことでしょう。

 

そこで今回は、授業参観の母親や父親の服装
についてご紹介しますね!

Sponsored Link

 

授業参観の服装・母親は?

授業参観の基本としては、 「普段着よりは
ちょっぴりオシャレに」
というスタイルです。

 

特に女の子はオシャレに敏感で、お母さん達
のファッションチェックもしています。

かなりシビアな目線で友達同士で評論して
いますので、ご注意下さいね。

 

「目立ちすぎず、地味になり過ぎず」という
ことで、バランスが難しいところですが、
いわゆる 「キレイ目カジュアル」が無難な
ところでしょうか。

 

アンサンブルセーターにパンツとか、
スカートにジャケット、フラットシューズ
などのコーデが多いようです。

 

ジーンズや普段着の方もいるくらいなので、
気合いを入れすぎると少し浮いてしまうかも
しれませんね。

 

入学式などとは異なり、着物やフォーマルな
スーツを着ている方はほとんどいないと思い
ます。

 

難しいのは、校風で随分違ってきますので、
ママ友などと相談できれば良いですね。

 

1人で決める必要がある場合は、オシャレ
なカジュアルを意識すると無難です。

 

 

授業参観の服装・父親は?

昔と違って、今は父親も授業参観に参加
できるよう、土曜日に フリー参観なども
行われています。

 

土曜日ということもあり、夫婦で来ていたり、
おじいちゃん、おばあちゃんも来ることも
多いです。

 

父親の服装としては、スーツを着ている方
は少数派のようです。

PTAの役員をされている方くらいではないで
しょうか。

 

基本的に、ジーパンにTシャツなど、
カジュアルな服装で問題なさそうです。

 

ただし、他の親御さんに不快に印象を与え
ないよう適度な 清潔感は必要です。

 

ワイシャツ、ポロシャツにスラックスと
いうスタイルが、最も無難だと思われます。

 

親御さんの年齢は様々で、中には40代や
50代の父親の方も珍しくありませんので、
ダメージジーンズなどは避けて下さいね。

 

 

授業参観の服装・公立と私立の小学校で違う?

公立の場合は、母親も父親も適度に手を
抜いているという印象があります。

 

少し気合の入った服装で来る方は、大体
3分の1くらいでしょうか。

 

スカートを穿くという母親の比率も非常に
少ないのが実情です。

 

父親もチノパンにポロシャツなど、普段着
もしくは少しオシャレをするという程度です。

 

一方、 私立になると学校によって随分と
変わってくるようです。

 

名門とされる学校や、名士のご子息が多い
ような学校では、母親はフォーマルスーツや
着物、父親もスーツというのが当たり前の
ところもあります。

 

もちろん、私立でも公立の場合とほとんど
変わらない学校も多いので、事前のリサーチ
も必要かもしれませんね。

 

初めての授業参観では、判断に悩むことも
多いですが、清潔感のある服装を意識し、
派手過ぎにならないようご注意下さい。

 

また、目立つようなメイクも印象が悪く
なりますので、普段お出かけする時と
同じで良いでしょう。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。