日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

いたばし花火大会2015の日程・穴場スポット・交通規制!

いたばし花火大会 2015

いたばし花火大会2015の日程・穴場スポット・交通規制!東京の夏の風物詩となっているイベントに
いたばし花火大会があります。

 

昭和26年から続けられている歴史ある
花火大会で、2015年の開催も楽しみですね。

 

毎年50万人超の人出があり、当日は
大変な混雑が予想されます。

 

喧騒の中、賑やかに楽しむの良いですし、
穴場スポットを見つけて、ゆったりと
楽しむのも良いですね。

 

そこで今回は、2015年のいたばし花火大会
の日程や見どころ、穴場スポット、交通規制

などの情報をご紹介します。

Sponsored Link

 

いたばし花火大会2015の日程・時間・観覧場所

2015年のいたばし花火大会のスケジュール
は下記の通りです。

 

日程:8月1日(土)※雨天決行、荒天時は翌日順延
時間:7時00分~8時30分
会場:荒川戸田橋上流 板橋川河川敷

 

同じ日程で、荒川を挟み 「戸田橋花火大会」
も開催されるため、同時に2つの花火大会を
楽しめるのがうれしいですね。

 

観覧場所としては、荒川の河川敷の土手に
沿って、有料観覧席と一般鑑賞エリアが
設けられます。

 

これらのエリアは人気のため、場所取りは
当日の早朝から押さえておかなければなら
ないようです。

 

また、前日の場所取りは禁止されているので
注意しましょう。

 

 

いたばし花火大会の見どころは?

いたばし花火大会の最大のみどころは、
尺5寸玉と呼ばれる都内最大級の花火です。

 

2015年も大きな花火を期待する声も多く、
オープニング、中盤、フィナーレで見ら
れるかもしれませんね。

 

また、打ち上げの序盤には全国の花火師
たちによる 「芸術玉」の競演もあります。

 

子どもたちが喜ぶキャラクター花火など
も打ち上げられ、「妖怪ウォッチ」など
も候補に挙がりそうですね。

 

そして、フィナーレには関東の花火大会
で最長を誇る「ナイアガラの滝」も。

 

さらに 「夜空の大万華鏡」という大々的な
仕掛けの大スターマイン約1000発が大会を
締めるはずです。

 

打ち上げ総数は、戸田橋花火大会と
合わせると11,000発にも上ります。

 

 

いたばし花火大会の穴場スポットは?

いたばし花火大会を楽しむには、 有料観覧席
のチケットを購入するのがおすすめです。

 

フィナーレのナイアガラの滝がよく見える
位置に設置されるからです。

 

ですが、チケットは人気が高く、入手困難の
場合もありますので、穴場スポットをご紹介
しておきますね。

 

・戸田公園近く、戸田川の荒川河川敷
戸田市側になりますが、ナイアガラの滝が
少々遠いながらも鑑賞できます。

 

・板橋川 スーパーイズミヤ
毎年ではないですが、屋上を開放してくれる
こともあるそうです。

ここはかなり穴場で人も少ないので、
おすすめです。

 

・戸田競艇場
戸田市側ですが、打ち上げ場所から
近いので、大迫力の花火が楽しめます。

 

そのほか、少し遠くはなりますが、高島平駅
で下車し、荒川河川敷上流の野草公園や芝生
広場などからも花火を鑑賞できます。

 

こちらは人出が少なめですが、それでも
早めの場所取りは必要かもしれませんね。

 

 

駐車場・交通規制について

周辺には駐車場は設営されないため、
公共の交通機関を利用しましょう。

 

電車の 最寄り駅は、JR埼京線浮間船渡駅、
都営三田線高島平駅、西台駅、蓮根駅です。

 

東武東上線の成増駅と東武練馬駅からは、
路線バスを利用すると会場に行けます。

 

浮間船渡駅、西台駅は会場から近いため、
混雑が予想されます。

 

また、午後5時から周辺道路等で交通規制が
敷かれるはずです。

 

新河岸川以北、中山道の東側の一部、
JR埼京線浮間船渡駅の周辺が、主に
交通規制の対象となるエリアです。

 

規制前後は大変混み合うため、車での
移動は避けた方が無難です。

 

 

いかがでしたか?

近年は場所取りの マナー違反なども
ニュースで話題に上っていますね。

 

いたばし花火大会も、前日からの場所取り
などは禁止されており、シートを撤去される
こともあります。

 

ルールを守って、花火を楽しみましょう!

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。