日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

ペットの猫が死んだら処理はどうする?埋める?魂はどうなる?

猫 死んだら

ペットの猫が死んだら処理はどうする?埋める?魂はどうなる?大切な家族として可愛がってきた
死んだら、心にぽっかりと穴が開いて
しまいますね。

 

ペットロス症候群という言葉もありますが、
大好きな猫が死んでしまったことによる
ショックで無気力状態になることも…。

 

その前に、死んでしまったときの対応や、
猫のその後について考えてみませんか?

少しは心が落ち着くかもしれません。

 

そこで今回は、猫が死んだらどんな対応が
必要なのか
、ご紹介したいと思います。

Sponsored Link

 

ペットの猫が死んだら処理はどうする?埋める?

今では、人間同様に ペット葬儀 ペット霊園
が充実してきました。

 

家族同様に葬儀を行い、火葬場で焼いてもらい、
霊園に納骨するという人が増えています。

 

葬儀は 「残された遺族のため」という考え方
もありますよね。

 

こうした一連の対応を行うことに忙殺すること
で、悲しみが幾分抑えられるという側面もあり
ます。

 

一昔前で言えば、ペットの処理として庭に埋める
ことも多く、 「人間と同じ墓や仏壇にするな!」
などと言われていました。

 

しかし、既に家族の一員としての考え方が強く
なっていますので、自分自身が納得できる方法
供養してあげることが一番だと思います。

 

もしお庭の片隅に埋める場合、葬儀は行わなく
てもペット火葬をやっているところもあるため、
遺骨にして埋めるという選択肢もありますね。

 

そのまま土葬する場合は、衛生面を考慮して
深めに掘っておく必要があります。

 

あまり浅かったりすると臭いが気になりますし、
他の動物が掘り起こしたりしてしまいます。

 

なお、火葬せずに土葬した場合、30~40年もの
長い時間をかけて土に戻っていきます。

 

家族同然の猫が死んだら、悲しいのはわかり
ますが、その後の処理や対応も考えて下さいね。

 

 

猫が死んだら魂はどうなる?どこへ行く?

死んだ猫のはどうなるのでしょうか?

 

死後の世界でどこへ行くか、というのは、
宗教に至ってもはっきり示すことは難しい
と思います。

 

もちろん科学的にも証明されていませんし、
これからも証明することは難しいでしょう。

 

犬の場合、天国に近い「虹の橋」という
場所で、飼い主がやってくるまでずっと
待っていると聞いたことがあります。

 

でも、それも実際には根拠がありません。

 

ただし、ある実験では、マウスが死ぬ前
と後で、ほんのわずかながら体重が軽く
なった
という報告があったそうです。

 

つまり「魂」が抜けて行った分、軽く
なったということでしょうか…。

 

もともと動物は、死を恐れることもなく、
本能のままに生きています。

 

テレビで放送されているドキュメンタリー
番組などを見ても、肉食動物に限らず、
どの動物ものびのびと、たくましく生きて
いますよね。

 

彼らの精一杯生きた魂は、死後、現世に
留まることなく、迷わず 新しい道へと
進み出すのではないでしょうか。
 
犬が死んだらどうする?手続きは?
 

 

天国に送るにはどうすればいい?

葬儀などの宗教的儀式は、本来は人間の
ために作り出されたものです。

 

でも、できることなら 天国に送って
あげたいですよね。

 

その気持ちはペットを飼っている人
ならわかると思いますが、猫は、猫の
世界で生きてきました。

 

その生涯に、あなたという飼い主との
出会いがあり、それだけで十分幸せな
一生だったと思います。

 

野生の動物にとって、自身の命は常に
危険と隣合わせのはずなのに、飼い主の
家族になれたから…。

 

人間が人間のために作りだした葬儀や
儀式を猫の魂に押し付けたところで、
それは意味を成さないかもしれません。

 

人間は知性を手に入れた結果、異なる
宗教や迷い、煩悩、欲望を持ってしまい、
人間同士で争うようになりました。

 

また、迷いの世界から解き放たれることを
成仏といい、天国にたどり着いたとされま
すが、猫にはそもそも迷いがありません。

 

動物の魂は人間とは違い、穢れがなく、
ただ本能のままに生きて一生を終えます。

 

猫が死んだら、人間でいう天国、つまり
極楽浄土のような所へ行けるのではないか
と考えます。

 

そして、私たちに出来ることは、迷わず
そこへ辿り着けるよう祈ってあげること
くらいですね。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。