日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

京都五山送り火2015の日程・点火時間・おすすめスポット!

京都五山送り火 2015

京都五山送り火2015の日程・点火時間・おすすめスポット!関西の夏の風物詩と1つとして、
京都五山送り火がありますね。

 

夏休みの思い出に見たいと、遠方から
家族で訪れる人も多いと言われています。

 

京都盆地の周りの山に、炎で書かれた文字が
次々に浮かび上がる様は、とても幻想的です。

 

そこで今回は、2015年の京都五山送り火の日程
や歴史、よく見えるおすすめスポット
などを
ご紹介したいと思います。

Sponsored Link

 

京都五山送り火2015の日程と点火時間、雨の日は?

2015年の京都五山送り火の日程は、
もちろん遅れ盆最終日の 8月16日の日曜日
となっています。

 

点火時間は20時からで、大文字送り火から
始まります。

 

引き続き・・・

松ヶ崎妙法送り火:20時5分
船形万燈籠送り火:20時10分
左大文字送り火 :20時15分
鳥居形松明送り火:20時20分

と、5分おきに点火される予定です。

 

雨の日の場合ですが、少々の場合は点火
されるはずです。

 

雨天や強風などの気象状況により時間が
前後することはありますが、どの送り火
30分間は点灯されます。

 

 

京都五山送り火の意味と歴史

山に文字を書いて点火するという行いの起源は、
平安時代や江戸時代と言われていますが、正式
な記録が残っているのは 江戸時代からです。

 

この歴史にはいろいろな説がありますが、
実は、確実なことはあまりわかっていません。

 

送り火は、死後の世界に帰る 精霊を送る
という意味を持つ、盆行事の1つです。

 

この行事が広く行われるようになったのは、
仏教が広まった室町時代以降だと言われて
います。

 

以前には、他の文字に点火をする行事も
行われていましたが、そちらは早くに
途絶えてしまいました。

 

 
五山送り火は、時の権力者によって創始
されたのではなく、 地元の人々の信仰
よって始められたようです。

 

そして、多くの民の意思により受け継がれ
てきたからこそ、記録が残ってないものと
思われます。

 

このような背景により、今でも地元の人や
ボランティアの方々の手によって、その
歴史を途絶えさせないよう続けられています。
 
旧暦と新暦のお盆の違いについて!
 

 

京都五山送り火がよく見えるおすすめスポット

せっかく見に行くのなら、五山送り火を
全部見たいと思う方も多いことでしょう。

 

京都タワー、京都駅ビル空中経路、船岡山
公園
などからは、全部の送り火を見ることが
できます。

 

ただ、全部の送り火が見えるということは、
当然場所は遠くなり、小さく見えることに
なってしまいます。

 

また、同じことを考えて、たくさんの人が
集まる上に、有料の場所になることが多い
ということがあります。

 

音も聞こえなくなるので、燃えている音や
鐘の音などが聞こえないので、臨場感を
味わうことはできないかもしれませんね。

 

他にも、 高層ホテルに宿泊して、ゆっくり
楽しむという方法もあります。

 

屋上や最上階からなら、全部の送り火が
見えますし、帰りの渋滞や駅での混雑を
考えなくて済みます。

 

もちろん音は聞こえませんが、遠くに
ポツポツと火が灯る様子は、お盆の終わり
京都の風情を味わうことができます。

 

1つでもいいから、なるべく近くでじっくり
と臨場感を味わいたいという方には、多くの
選択肢があります。

 

その中でも、比較的空いているのに人気の
あるスポットは、京都御苑だと思います。

 

もともとは公家屋敷などが数多く存在して
いた地域で、 天皇にも見えやすいように
大文字山が選ばれたという背景もあります。

 

広くて混雑の少ない京都御苑は、大文字送り火
を見るには最適のスポットで、静かに目と耳で
楽しむことができます。

 

毎年10万人もの観客が訪れ、とても混雑する
行事なので、くれぐれも下調べを忘れず、
一番楽しめる場所を探して行きましょう。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。