日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

子供の脱水症状の見分け方・夜寝ている間も!入院点滴も必要?

子供 脱水症状

子供の脱水症状の見分け方・夜寝ている間も!入院点滴も必要?真夏になると、熱中症などで 脱水症状
起こしてしまう人も少なくありません。

 

とくに子供は体温調節機能が未発達のため、
脱水症状を起こしやすいです。

 

焼け付くような太陽の下で遊び回っている時も、
家の中で夜寝ている時にも注意が必要ですね。

 

そこで今回は、子供の脱水症状の見分け方
中心にご紹介したいと思います。

Sponsored Link

 

子供の脱水症状の見分け方と主な症状

脱水症状という言葉の意味はわかっていても、
実際にどのような 症状が出るのか、わからない人
も多いのではないでしょうか。

 

主な症状は以下の様なものがあります。

・熱があるのに汗をかいていない
・食欲がない
・泣いているが涙の量が少ない、または出ない
・不機嫌で泣き止まない
・皮膚のハリがない
・肌がカサカサで青白い
・手足が冷えている
・おしっこが出ない
・唇が乾燥している

 

小学生以上であれば、本人が異常を訴えること
もできますが、 乳幼児は難しいかもしれませんね。

 

成人では体内の60%が水分なのに対して、乳児の
場合は70~80%が水分です。

ですから、普段でしたら上記のような症状が出る
ことはほとんどありません。

 

脱水の見分け方として、上記項目の2つ以上
当てはまったら疑うべきですね。

 

体内の水分が多いことと、エネルギー代謝が活発
なため、子供は脱水症状を起こしやすいのです。

 
ナトリウム不足の症状と原因!高齢者は危険!
 

 

子供の脱水症状・夜寝ている時にも起こる!

脱水症状は起きている間だけでなく、 夜寝ている
にも起こります。

 

寝ている間は、大人でもコップ一杯分の汗をかく
といいますよね。

 

子供の場合、特に夏場であれば、もっと汗をかく
ことも考えられますので、昼寝でも夜間でも注意が
必要になってきます。

 

脱水を起こさないように、まずは寝る前に
しっかり水分補給をさせてあげましょう。

 

就寝前にも、水やお茶などをすぐに用意
できるよう準備しておきたいですね。

 

もし脱水症状を起こした時は、水分だけでなく
塩分も不足していますので、電解質を含む
スポーツドリンクを飲ませるのも良いです。

 

乳児の場合、スポーツドリンクでは味が濃すぎる
ため、味がしないくらいまで水で薄めてあげる
必要があります。

 

本当は 経口補水液が良いといわれていますが、
なかなか家庭で常備しているところは少ない
かもしれませんね。

 

経口補水液もスポーツドリンクもない場合は、
自分で作ることもできます。

 

水1ℓに対し、砂糖40g、塩3gを溶かすだけです。

水は一度沸かして冷ましたものが良いでしょう。

レモンやグレープフルーツの果汁を入れると
更に飲みやすくなりますよ。
 
子供の熱中症の原因・症状・対策!
 

 

子供の脱水症状・点滴での処置や入院が必要かも!?

軽度の脱水症状の場合は、水分補給で状態が
良くなってきますが、これは 体重の3%未満の
水分
が減った場合です。

 

3~9%ほどの水分が減った状態は、 中度
脱水状態にあると考えられます。

 

目がくぼんだり、口が異常に乾燥してくるため、
表情も随分変化していることも見受けられます。

 

この場合は、入院して点滴が必要になることも
あるため、直ちに病院に連れて行きましょう。

 

さらに10%以上の水分が失われると、 重度
脱水状態ということで、非常に危険です。

 

意識が朦朧として、水を飲んでも嘔吐してしま
ったり、痙攣を起こしたりする場合は、一刻を
争う状態で、救急車を呼ぶ必要性も出てきます。

 

小学校低学年くらい子供の場合でも、自分の体に
何が起こっているのかわからないこともあるため、
エアコンなどで室内の温度や湿度を管理して、
予防に努めましょう!

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。