日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

メロンで喉にイガイガ・かゆみ・痛みが出るのはアレルギー?

メロン 喉 イガイガ

メロンで喉にイガイガ・かゆみ・痛みが出るのはアレルギー?上品で濃厚な甘みの強い メロン

口の中でとろけるような、あの食感も
たまりませんよね!

 

でも、美味しいメロンを頬張っていると
口の中や喉になんだか違和感が…。

 

唇から口の中までムズムズしたり、喉の奥の
方がイガイガすることがありますよね。

 

ひどい場合は喉に強いかゆみが出たり、
痛みを感じたりすることも…。

これって、いわゆる アレルギーなのでしょうか?

 

そこで今回は、メロンを食べた時に感じる
喉のイガイガ・かゆみ・痛みの原因
などに
ついてご紹介します!

Sponsored Link

 

メロンを食べると喉がイガイガする原因は?

メロンを食べると、少なからず口腔
などに症状が出ることがありますよね。

 

それは痒みだったり、イガイガとした
不快感だったり…。

もちろん個人差があるかと思います。

 

これらの症状が起こる原因の1つとして
「タンパク質分解酵素」が挙げられます。

 

実はメロンには「ククミシン」という
タンパク質分解酵素が多く含まれており、
どうやら影響を与えているようです。

 

このククミシンが唇や口腔・喉の表皮を
分解する為、私たちは刺激を感じるのです。

 

とくに口の中の粘膜が弱かったりすると、
余計に感じる人が多いとされています。

 

しかし、ククミシンによる症状は、約15分程度
で治まると言われています。

 

食べるのを我慢するか、15分のイガイガや痒み
を代償に美味しいメロンをいただくか…。

 

いつも喉の症状が現れて不快感のある人は、
究極の選択を迫られることになりますね。

 

注意しなければいけないのは、1時間以上
経っても、なかなか症状が治まらない場合…。

もうひとつの原因が当てはまる可能性が
あるのです。
 
パイナップルによる舌や唇の痛みの原因は?
 

 

喉の痛みやかゆみが強い場合は口腔アレルギー症候群かも?

喉のイガイガとした不快感だけでなく、なかなか
かゆみが治まらなかったり、チクチクピリピリ
とした 痛みも感じる。

 

こういった症状が長時間続いてしまう場合、
当然、アレルギーが疑われます。

その名も 「口腔アレルギー症候群」

 

最近よく話題になっている食物アレルギー
の一種で、その原因として1つの有力な
説が浮上しています。

 

それは、 「花粉症」を発症している人に
よく見られるというものです。

 

花粉症の人は口腔アレルギーの合併症を
引き起こすことがあるようです。

 

特にメロンだけでなく、バナナやパイナップル
キウイフルールなどの果物などは、アレルギー
を起こす仕組みがスギ花粉などと似ていると
言われています。

 

もちろん個人差が大きいので、喉の症状を
他人と比較することはできません。

 

重症であれば、アナフィラキシーショック
を起こし、命の危険にさらされることも
無いとも言い切れないのです。

 

ですから、もしメロンなどを食べて口の中や
喉の奥に何らかの異常が続くという場合、専門
機関で一度 血液検査を受けることが大切です。
 
メロンを使ったゼリーが固まらない原因とは?
 

 

メロンを食べた後の喉の症状を治すには?

ククミシンの酵素パワーによる症状にせよ、
アレルギー反応によるものにせよ、どちら
にも共通して言えること…。

 

それは、「もし症状を早く治す方法がある
のであれば、知っておきたい!」
ということ
ですよね。

 

そこで、少しでも緩和できる方法を
ご紹介しますね。

 

もちろんメロンを食べても喉のイガイガなど
が出ることは多くの人が経験していますので、
ひどいという場合に試してみて下さいね。

 

・原因物質を吐きだし、口の中をゆすぐ

体外へ排出することで、イガイガやかゆみ、
痛みなどをこれ以上悪化させないように
するためです。

 

・熱いお湯やお茶などを飲む
タンパク質の多くは、ある一定の高い温度で
変性しますので、それを利用して喉の不快感
を抑えます。

 

・抗ヒスタミン剤を服用する
原因がアレルギーの場合に効果的です。

抗ヒスタミン剤はアレルギー症状を抑制する
働きがあるため、薬が効いてくれば違和感も
落ち着きます。

 

これらはあくまでも対処法なので、人によって
は、効果が必ず期待できるとは限りません。

 

特にかゆみや痛みが強いと感じている方は、
早めに専門医に相談してみましょう。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。