日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

1歳を過ぎても離乳食を食べない原因!工夫とイライラ解消も!

1歳 離乳食 食べない

1歳を過ぎても離乳食を食べない原因!工夫とイライラ解消も!赤ちゃんの 離乳食といえば、大体生後
6ヶ月ころから始まりますね。

 

最初はあまり食べてもらえなくても、
それほど気にしないと思います。

 

でも、1歳を過ぎても離乳食を食べないと
なると、ちょっと心配になってきますよね。

 

ママとしても徐々にイライラが募って、
混乱してしまう場合もあるようです。

 

そこで今回は、1歳を過ぎても赤ちゃんが
離乳食を食べない原因や、それに対する
工夫
についてご紹介したいと思います!

Sponsored Link

 

1歳を過ぎても赤ちゃんが離乳食を食べない原因は?

他の子はしっかり離乳食を食べているのに、
うちの子だけなぜ食べてくれないんだろう?

 

そう心配になるお母さんは、実は非常に多い
ようで、お腹が空いて泣いている赤ちゃんを
見て、イライラすることもわかります。

 

まずは原因について考えてみましょう。

 

もともと 母乳 ミルクもあまり飲まない
という子も多いですね。

 

それに付随して、「食べ物に興味がない」
という子も、実はかなり多いのです。

 

他にも、「まだお腹が空いていない」
「遊びたい」という理由もあります。

 

そして、1歳を過ぎても離乳食を食べない
原因として大きいのは・・・

・食べ物の形状が合っていない
・味が好みではない
・スプーンやフォークに抵抗がある

なども挙げられます。

 

一度口にしても出してしまうという場合は、
この辺りに影響があるかもしれませんね。

 

赤ちゃんにもひとりひとり個性があるのも
当然ですし、母乳にしか興味が持てないと
いう子も多いです。

 

生まれて初めて口にする食べ物を拒んでも
何ら不思議はありません。

 

でも、それがずっと続いてはさすがに困り
ますので、離乳食を食べてもらうための
工夫を紹介したいと思います。
 
野菜っを使った離乳食の調理法と進め方!
 

 

1歳を過ぎても離乳食を食べない赤ちゃん・どう工夫する?

まず 離乳食自体を見直してから、どうのような
工夫をするかを考えましょう。

 

本に書いてある通りにやっているけど…
と思われるかもしれませんね。

 

前述した通り、赤ちゃんにもそれぞれ個性が
ありますので、マニュアル通りにやればOKと
いうものでもないようです。

 

それが自分の子に合っているかというのは、
わからないんですよね。

 

「硬過ぎる」「柔らか過ぎる」「ドロドロで嫌だ」
「大き過ぎる」「小さ過ぎる」
などなど…。

こんな理由でその子にとって食べにくい離乳食
になっているかもしれません。

 

硬いのと大きいのは嫌だというのはわかりますが、
その反対でも赤ちゃんには抵抗がある場合も十分
考えられることです。

 

大人でも「食わず嫌い」という言葉があるように
初めて食べる食材や料理に違和感を感じる場合も
ありますよね。

 

そこで、色々工夫をして、好きな味や形状を
見つけてあげてください。

 

なかなか食べてくれなくても 「これだけは好きで
食べる」
というものを見つけたお母さんも多いので、
色々試してみる価値はあると思いますよ。

 

また、スプーンやフォーク、食器に抵抗がある
場合もありますので、木製、プラスチック製、
金属性
など、色々と試してみてください。

 

もちろん、どんな工夫をしても食べてくれない
場合もありますが、そんな時はどうすれば良い
のでしょうか…。
 
離乳食の野菜の冷凍保存レシピ!
 

 

イライラの連続でも焦らない!

赤ちゃんが離乳食を食べないと、「何で食べて
くれないの」
と焦るお母さんも多いですね。

 

そして、お腹を空かせて泣いている赤ちゃんを
見て、 「だったら食べてちょうだいよ!」
イライラするのも当然です。

 

また、「栄養は足りているの?」と心配される
方も多いと思います。

 

食べる量が極端に少なくても、体に異常がなく、
元気に過ごしていれば問題ありませんよ。

それがその子の適量ですし、泣く元気があれば
十分元気な証拠です。

 

離乳食に加え、 ミルクまで用意するとなると
手間も増えますし、他にも家事をこなしている
お母さんには辛いこともあるかもしれません。

 

でも、イライラして無理やり食べさせるような
ことは絶対に避けたほうが良いです。

 

1歳を過ぎても、1歳半を過ぎても食べない子
は本当に食べてくれませんが、人間の本能の1つ
がまだ目覚めていないと考えるくらいで良いです。

 

いずれしっかり食べるようになりますので、
気長に待ってあげて下さいね。

 

また、離乳食を食べないからといって、母乳や
ミルクに頼ってしまうのも良くありませんね。

 

面倒でも離乳食の用意だけは必ずしておくのも
お母さんとしての 責務となります。

 

少ししか食べないのであれば栄養のバランスを
考えたものを食べさせてあげるよう工夫します。

 

まだ 免疫力が弱い状況下にありますので、専門医
に相談して、指導を仰ぐことも大切ですね。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。