日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

子供のヘルパンギーナの症状・原因・感染経路!抗生剤で治る?

子供 ヘルパンギーナ

子供のヘルパンギーナの症状・原因・感染経路!抗生剤で治る?昔からよく聞くセリフに 「夏風邪は馬鹿がひく」
というものがありますね。

正直、馬鹿じゃなくてもひきます!

 

特に子供達の間で流行りやすい、
「ヘルパンギーナ」「手足口病」「プール熱」

三大夏風邪なんて呼ばれ方もしています。

 

子育て中のママ達であれば、どれも一度は
耳にしたことがありますよね。

 

そこで今回は、ヘルパンギーナの症状や原因、
感染経路、治療
などについてご紹介します。

Sponsored Link

 

子供のヘルパンギーナ・主な症状は?

まずは子供が罹った際にいち早く気付けるように
ヘルパンギーナの 症状を把握しておきましょう。

 

ヘルパンギーナの主な症状は・・・

・38℃以上の高熱
・口腔内の水ぶくれ、口内炎(複数)
・口蓋垂(のどちんこ)の炎症、のどの痛み

以上の症状が現れたら 疑いありです。

 

特に突然の高熱でびっくりしてしまうケースが
多いので、要注意です。

 

更に辛いのは 口腔内の症状ですよね。

口内炎だけでも食べ物によっては沁みて痛いのに、
のどの痛みまで重なります。

 

痛みが引くまでは食事にも影響が出るので、
看病する親としても、治るまでは少し大変
かもしれませんね。

 

 

子供のヘルパンギーナ・原因や感染経路、潜伏期間は?

ヘルパンギーナは エンテロウイルスという
ウイルスの感染によって引き起こされます。

 

主な感染経路は、くしゃみや咳などからの
飛沫感染や、感染者の水泡や便などの内容物
による接触感染です。

どちらにしても完全に防ぐことは至難の業です。

 

潜伏期間は2日~1週間程度で、その間は全く
の無症状のため、感染に気が付くことはほぼ
ありません。

 

ですから、潜伏期間中に感染が拡大することが
多いと言われています。

 

保育施設などで一気に感染が拡がる理由が
ここにありそうですね。

 

また、発症期間が過ぎ、回復の兆しが見えて
きても油断できません。

 

エンテロウイルス自体は回復期に入っても
腸内に2~3週間程度留まり、便から排出され
続けます。

 

症状が治まったからといって完治したとは言えず、
二次感染などを起こさないように注意する必要が
あります。

 

保育園や幼稚園への登園も、しばらくお預けになる
ことがほとんどです。
 
子供のプール熱の症状と対策!
 

 

子供のヘルパンギーナ・抗生剤などの薬で治る?

残念ながらエンテロウイルスを予防するための
抗ウイルス剤やワクチンなどは 無いのが現状です。

 

もともとウイルスは細菌よりもはるかに小さく、
細胞壁を持たない遺伝子ですから、菌を殺す
抗生剤では歯が立ちません。

 

もちろん予防接種などもないため、治療は主に
対症療法ということになります。

 

発熱は大体2~3日程度で治まりますが、稀に
熱性けいれんなどを起こす場合もあります。

 

熱性けいれんを目の当たりにすると、非常に
驚かれる親御さんが多いですが、数分もあれば、
治まりますので、落ち着いて対処して下さい。

 

また、高熱が何日も続くようでしたら、 髄膜炎
などの合併症の恐れもあるため、発症したら
早めに病院を受診するほうが得策です。

 

ヘルパンギーナを「単なる夏風邪」と侮っていると
大きな代償を払う危険性もあると認識して下さい。

 

また、口腔内の炎症が強いと食事にも大きな
影響を及ぼしてきますよね。

 

口内炎などは大体1週間程度で改善されますが、
それまでの間は刺激的な 塩分 酸味の強いもの
は避けるようにした方が良さそうです。

 

特に高熱が出ている時は、脱水症状を予防する
ために、刺激の少ないイオン水や湯冷ましなど
で水分補給を心掛けましょう。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。