日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

お中元の金額の相場・上司や取引先、実家の両親、習い事の先生へ!

お中元 金額 相場

お中元の金額の相場・上司や取引先、実家の両親、習い事の先生へ!日頃お世話になっている方に、
感謝の気持ちを込めて品を贈る お中元

 

現在は7月上旬から中旬にかけて贈るのが
全国で一般的になってきました。

もちろん8月のお盆の時期に贈るという方も
多いことでしょう。

 

そんな感謝の気持ちを伝えるための
お中元の相場ってご存知ですか?

 

職場の上司には? 両親には? 兄弟には?

更には子供のピアノなどの習い事の先生
にはどれくらいの金額で贈るものなのか?

 

折角の贈り物だから、相手の家族構成や好み
などを配慮して、 喜ばれる物を送りたいですね。

 

でも金額を知っておかないと迂闊に選べない…。

 

そんなお悩みを解決する為に、今回は
「お中元の金額の相場」にスポットを
当ててご紹介したいと思います。

Sponsored Link

 

お中元の金額の相場・上司や取引先へ

職場の 上司 取引先の方に贈るのは、今後も
一緒に仕事をしていくという事もあり、一番
慎重になりますよね。

 

一般的に上司の方には5,000円前後。

取引先の方には3,000~5,000円前後
というのが相場のようです。

 

その他に贈る人の年代によっても変動があり、
20代なら3,000円程度、最も高い金額になる
40代だと5,000円程度が目安です。

 

それを目安に相手の好みや家族構成を踏まえた
上で、喜ばれそうな物を選びましょう。

 

しかし、会社の中には贈答品のやり取りを一切禁止
しているところもありますので注意して下さい。

前もってそれとなく聞いておくのも大事です。

 

 

お中元の金額の相場・実家の両親へ

同居していない実家の ご両親へのお中元の
相場は3,000~5,000円前後。

 

結婚されているご夫婦の場合、両親、義両親
共にその程度が目安になります。

 

好みや家族構成を知っている間柄でもありますし、
わからない場合はリクエストや好みを聞いておく
のもいいですね。

 

お孫さんのことでお世話になっている人も
多いと思いますので、喜ばれるものを贈り
たいですね。

 

お中元の金額の相場・兄弟へ

また 兄弟も両親と同じで、3,000~5,000円
前後を目安に考えると良いです。

 

両親相手の時よりももっと気軽に感謝の気持ち
を込めたプレゼント、という感覚でやり取りを
しているケースが増えてきています。
 
お中元の意味と由来!そうめんを贈る理由は?
 

 

ピアノなどの習い事の先生の場合は?

そして、意外と迷うのが、子供が通っている
ピアノなどの 習い事の先生に贈るお中元。

 

贈る事自体色々な意見があるところですが、
相場としては2,000~3,000円前後です。

 

「毎月高い月謝を払っているのだから…」
贈らない方もいますし、「月謝は月謝。お世話に
なってるから感謝の気持ち」
と贈る方もいます。

 

子供に関する場合ではなく、昔は茶道、書道、
華道など日本伝統文化を習っている場合、 月謝
の1ヶ月分相当
のお中元を贈る事が一般的だった
ようです。

 

現在も儀礼を重んじるような習い事の場合、
当然お中元は贈る物として考えられています。

 

 

好みや家族構成、マナーなど…。

悩み始めるとあれこれと考えてしまって
面倒に感じてしまうかもしれません。

 

でも、日頃の感謝の気持ちを伝える1つの方法
として、肩肘を張り過ぎず、気軽に贈ってみて
はいかがですか?

 

あまり高価なものは相手に気を遣わせることに
なるため、控え目で良いでしょう。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。