日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

コーヒーの飲み過ぎはカフェイン中毒!症状は?他の飲み物は?

コーヒー カフェイン中毒

コーヒーの飲み過ぎはカフェイン中毒!症状は?他の飲み物は? コーヒーが好きな人は多いですよね。

毎朝飲んだり、ティータイムに飲んだり、
毎日必ず飲むという人も少なくありません。

 

でも、コーヒーにはカフェインが含まれるので
あまり飲みすぎは良くないといいますよね。

 

そこで今回は、コーヒーの飲み過ぎと
カフェイン中毒
の関係についてご紹介します。

Sponsored Link

 

コーヒーの飲み過ぎはカフェイン中毒?

コーヒーの 飲み過ぎは体に良くないというのは、
なんとなくイメージでわかると思います。

 

というのも、どんな食材や飲み物でも過剰摂取
すれば、思わぬ副作用が出ることもあるからです。

 

実際にコーヒーの飲み過ぎでカフェイン中毒
になることはあるのでしょうか?

 

結論から言うと、 なります

ですが、自覚症状のある人は少ないかもしれません。

 

カフェインには中毒性がありますので、
「コーヒーを飲むと落ち着く」という方は、
すでに、その症状が出ている可能性もあるんです。

 

毎日7~8杯も飲んでいるという方は、何かしら
体に影響が出ている場合も考えられます。

 

ただし、カフェインは悪いことばかりではなく、
眠気覚ましや、 筋肉疲労の回復などにも役立ちます。

運動をする際に持久力が増したりすることも
あるため、適量を摂取する分には問題ありません。

 

具体的に言うと、カフェイン摂取量は1日400mg
抑えたほうが良いでしょう。

 

コーヒーで言うとカップ約5~6杯ですが、他にも
含まれている飲み物などもあるため、3杯以内に
抑えておいたほうが良さそうです。

 

妊娠中の方はさらに抑える必要があり、1日300mg
カップで言うと3~4杯に抑えるのが望ましいと
いわれています。

 

こちらも他の飲み物の含有量を考慮し、2杯程度
にしておけば問題はないようです。

 

1日10杯近く飲まれる方は自覚症状があるかも
しれませんね。

 

カフェインの依存性は、一説にはタバコのニコチン
よりも強いと言われていますので、少しずつ減らす
ことも考えて下さいね。
 
急性・慢性カフェイン中毒を起こす飲み物とは?
 

 

コーヒーによるカフェイン中毒・どんな症状が出る?

では、カフェイン中毒になるとどのような 症状
出るのでしょうか。

 

前述した通り、「コーヒーを飲むと落ち着く」
というのもひとつの症状ですよね。

逆に「飲まないと落ちつかない」と言えば、
さらにわかりやすいでしょうか…。

 

コーヒーを飲まない間に、 頭痛が起きたり、
頭がぼんやりしたり、嘔吐したりすることも
あるようです。

 

精神的なものでは、 集中力がなくなったり、
気分が落ち込んだりするという人は、コーヒー
依存症、カフェイン中毒
である可能性があります。

 

気づかないうちに中毒になっていたという人
がほとんどなので、意識的に変化を付ける
必要があるでしょう。

 

他にも過剰摂取することで、 胃痛が起こったり、
貧血になったり、自律神経が乱れたりということも
珍しくありませんので、くれぐれもご注意下さい。

 

決まった時間に眠れなくなれば、当然自律神経が
乱れることは目に見えています。

 
カフェインの効能!血管収縮・胃酸分泌・交感神経刺激!
 

 

他にカフェインを含む食品・飲み物は?

他の飲み物についても摂取量を考えてみて下さい。

 

他にカフェインを含むものは、 緑茶、紅茶、
コーラ、栄養ドリンク
なども挙げられます。

 

また、解熱鎮痛作用があるため、頭痛薬などの
医薬品にも使われています。

 

今は、偏頭痛や緊張型頭痛などを患う方も多く、
薬物乱用頭痛に移行している場合もあるため、
併せて注意しておきたいですね。

 

 

いかがでしたか?

カフェインを含まないものやローカフェインの
デカフェというコーヒーや紅茶もありますので
そちらで代用するのも良いですね。

 

他にも、麦茶、黒豆茶、そば茶、コーン茶、
ハーブティ
なども含まないものが多いので、
取り入れてみるのもいいと思います。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。