日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

オリーブオイルでの洗顔方法!毎日の頻度やニキビへの効果は?

オリーブオイル 洗顔

オリーブオイルでの洗顔方法!毎日の頻度やニキビへの効果は? オリーブオイルで洗顔をするのが、
美肌に良いと話題になっていますね。

 

確かに、化粧品の成分としても使用されて
いますが、そもそもお肌に対してどんな効果
が期待できるのでしょうか。

 

そして、オリーブオイルそのもので洗顔する
のも、お肌に良いのでしょうか。

 

とくにニキビや肌荒れで悩んでいる人は
気になるところではないでしょうか?

 

そこで今回は、オリーブオイルでの洗顔方法
やニキビへの効果、毎日の頻度
などについて
ご紹介します!

Sponsored Link

 

オリーブオイルでの洗顔方法・ニキビに効果的?

オリーブオイルは ですので、同じ油である
メイクを浮かせて落とすことができ、クレン
ジング
として使用できます。

 

ただし、濃いメイクをしている場合は、先に
部分リムーバーなどで落としてから洗顔をした
方が良いです。

 

また、ニキビがある方には、オリーブオイル
はおすすめできません。

 

というのも、その成分として含まれるオレイン酸
は、ニキビのもとである アクネ菌を増殖させて
しまうのです。

 

美肌のためと思って使用しても、逆効果になる
可能性があります。

 

ニキビ肌の人以外でも、お肌に合わない場合は
ありますので、パッチテストを行ってから使用
することをおすすめします。

 

また、使用するオリーブオイルの質によっても
真逆の効果を得てしまうことがあります。

 

まずは、 精度の高いものを使用すること。

精度が低いものを使用すると油焼けしてシミの
原因になることもあります。

 

精度の高いエクストラヴァージンオリーブオイル
がおすすめです。

もしくは洗顔用としてドラッグストアなどに
売っているものを使用してください。

 

その他、 成分の酸化も逆効果になりますので、
早めに使いきれる小さなサイズのものを用意
するべきです。
 
重曹やクエン酸を使った洗顔方法!
 

 

オリーブオイルでの洗顔方法・毎日の頻度は?

それでは、オリーブオイルを使った
洗顔方法を紹介していきますね。

 

手のひらに伸ばしたオリーブオイルを
顔全体になじませます。

 

そして、顔全体をクルクルと円を描くように
マッサージしていきます。

小鼻や顎、頬など 皮脂が詰まりやすいところ
を重点的にマッサージしましょう。

 

クレンジングは短時間で行うもの、という
イメージがありますが、オリーブオイル洗顔は、
皮脂が出てくるのを感じるまで続けることです。

 

2~3分マッサージを続けるのがポイントですね。

お肌に優しいので、比較的長時間使用しても
負担が少ないのです。

 

その後は油でベタついていますので、通常通り
洗顔フォーム 石鹸などで洗顔をしてください。

 

顔を洗う前に蒸しタオルを使用すると、
毛穴が開くのでおすすめです。

 

頻度は毎日行っても構いませんが、メイクを
落とす夜のみにするのがおすすめです。

1日1回の頻度で十分です。
 
日焼け止めを塗る順番!
 

 

オリーブオイルでの洗顔後のケアは?

オリーブオイル洗顔は美肌に良いですが、
間違った方法で行うと逆効果になります
ので、くれぐれも注意してください。

 

洗顔の時に注意したいのは、しっかり
オイルを拭き取ること。

 

オイルが肌に残っていると、毛穴が開いて
しまい、ニキビの原因にもなりかねません。

 

しっかり拭き取るには、まずはキッチン
ペーパーなどでしっかり油を押さえます。

 

そして、蒸しタオルを顔に乗せて、優しく
拭き取ります。

この時、決してゴシゴシと擦らないように
気をつけてくださいね。

 

洗顔後のお肌は敏感ですので、タオルによる
摩擦でも、お肌を傷めてしまうことがあります。

 

しっかりオリーブオイルを拭きとった後は、
石鹸などで洗い流します。

こちらも油をしっかり落とすためです。

 

とにかく、油を肌に残さないことが最も
重要なことなのです。

 

クレンジング、洗顔を行う場合は、ぜひ
正しい方法で行ってくださいね。

 

洗顔後のケアとしては、 美容液で潤いを与え、
乳液、クリームなどを使って、普段通り保湿を
すれば問題ありません。

 

また、毎日1回の頻度に留めておかないと、
すすぐたびに皮脂が奪われて肌荒れの原因
になりますので、要注意です。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。