日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

ユリの花言葉と由来・色別もご紹介!聖母マリアに捧げられた花!

ユリ 花言葉

ユリの花言葉と由来・色別もご紹介!聖母マリアに捧げられた花!夏になると、真っ白できれいな花を
咲かせる ユリ

 

スキー場などに植えられていて、リフト
から見ることができる場所もあるようです。

 

ユリの花は白の他にもさまざまな色があり、
その色ごとにも 花言葉があります。

 

そこで今回は、ユリの花言葉と由来、花の
特徴
などについてご紹介します。

Sponsored Link

 

ユリ全般の花言葉と由来

ユリの花言葉は「純粋」「無垢」「威厳」です。

 

キリスト教では白いユリのことを マドンナリリー
と呼び、聖母マリアに捧げられていた花である
ことから、純粋のシンボルとされています。

 

また、イブがエデンの園から追い出されたとき、
イブの涙からユリが生まれたことに由来すると
も言われています。

 

英語での花言葉は「purity(純粋)」
「refined beauty(洗練された美)」
です。

ピュアなイメージはどこの国でも不変
のようですね。

 

 

ユリの色別の花言葉

ユリには白の他にも赤やピンク、黄色、
オレンジなどの色があり、その色ごと
にも花言葉がついています。

 

白:「純潔」「威厳」

赤やピンク:「虚栄感」

黄色:「偽り」「陽気」

オレンジ:「華麗」「愉快」「軽率」

となっています。

 

「威厳」は、ユリの堂々とした花の 見た目
から来ています。

 

「虚栄感」は、 キリストの磔刑が決まり、
多くの花が首を垂れるなか、ユリだけは
自分の美しさが慰めになると、誇らしげ
に頭をあげていました。

 

しかしキリストに見つめられると、自分が
思い上がっていたことに気づき、赤くなって
首を垂れたことに由来する
と言われています。

 

英語での色別の花言葉もあります。

白:「virginity(純潔)」「purity(純粋)」「majesty(威厳)」

赤:「warmth(優しさ、暖かさ)」「desire(願望)」

ピンク:「wealth and prosperity(富と繁栄)」

黄色:「gaiety(陽気)」「falsehood(偽り)」「I’m walking on air(天にも昇る心地)」

オレンジ:「hatred(憎悪)」

となっています。

 

また、ユリには カサブランカ ヤマユリなどの
種類もあり、その種類ごとにもたくさんの花言葉
がつけられています。

 

ただし、ちょっと怖いイメージがあるクロユリ
別の仲間の植物にあたるようです。
 
クロユリの怖い花言葉と由来!
 

 

ユリの特徴

ユリ科ユリ属に属する植物の総称で、地下に
球根をつくり、球根の上下から根を出します。

 

春になると茎を地上に真っ直ぐ伸ばし、
先端にいくつかの花を咲かせます。

 

その土地の状態によって、1つの茎から
多くの花を咲かせると言われています。

 

ユリの種類は100種類ほどあり、日本には
15種類ほどありますが、日本のものは観賞
価値
が高いとされていて、ユリの原産地と
して世界的にも有名です。

 

花は5月~9月の間に咲き、品種によって
時期は異なります。

 

ユリの 花粉はとても粘る性質があり、服に
つくと取れなくなることがあるので、花屋
などでは花粉を取り除いて売っています。

 

花びらは6枚あるように見えますが、実は
そのうちの3枚だけが花びらで、残りはガク
が変化したものです。

 

 

いかがでしたか?

ユリは色も種類もたくさんあり、その1つ1つ
にいろんな意味を持たせています。

 

プレゼントする際は、ぜひ、 花言葉や意味
を考えて購入して下さいね。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。