日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

スイカの栄養成分と効能、カロリー!デトックス効果で美肌にも!

スイカ 栄養 効能

スイカの栄養成分と効能、カロリー!デトックス効果で美肌にも!夏に大活躍の スイカですが、皆さん一体
どのような印象をお持ちでしょう?

 

スイカ割り、水分補給になる、甘くて美味しい、
野菜なのか果物なのかよくわからない…。

色々とありますよね。

 

暑い夏は、冷やして食べるとされに美味しく
なりますが、 栄養成分などもあまりご存じで
はない方が多いかもしれませんね。

 

そこで今回は、スイカの栄養成分や効能、
カロリー
などについてご紹介しますね!

Sponsored Link

 

スイカの栄養成分は?

実は栄養的なものは意外に知られていない
ことも多いスイカ。

 

ですが、とっても優秀な食べ物で、夏によく
食べられるのは当然のような気さえします。

 

もちろん樹木になる実ではありませんので、
野菜に分類されます。

 

では、まず栄養についてご紹介します。

リコピン、これはもしかしたら聞いたこと
のある人も多いかもしれませんね。

そうです。 トマトにも含まれている成分と
一緒のものがスイカにも含まれています。

 

リコピンは活性酸素の働きを抑え、動脈硬化
やがん予防に効果があるとされています。

 

カリウムはミネラルのひとつで、体の老廃物
を外に出すのを促す デトックス効果があります。

とくに塩分を排出させる 利尿作用などは有名で、
高血圧の人には欠かせない成分ですね。

 

シトルリンは最近注目を集めている アミノ酸
の一種ですが、こちらも利尿作用があるため、
老廃物を排出する効果が期待できます。

 

他の果物にはほとんど含まれていませんが、
スイカにはシトルリンが含まれているという
ことは、大きな特徴です。

 

シスペインはビタミンCが酸化することや、
壊れてしまうのを防ぎ、シミ、ソバカスにも
効果あり。

 

マンノシターゼはダイエットで注目を集める
成分とされ、 糖質分解酵素です。

つまり、甘いものを食べても極力太るのを
抑えてくれる働きがあるとされています。
 
スイカの上手な切り方!
 

 

スイカの効能は?

成分の紹介をさせていただきましたが、
なんだかスイカって万能感がありますね。

 

ほとんどは水分と言われていますが、体に
とって良い効能をたくさんもたらす食材です。

 

まず最初に、 利尿作用が高いこと。

夏は暑いので汗はかきますが、それがイコール
デトックス効果というわけではないので注意が
必要です。

 

しかし、スイカを食べることにより、体内の
老廃物を効率的に排出することができます。

 

また、こうしたミネラル類は豊富に含まれて
いますので、熱中症対策には持って来いです。

 

スイカに塩をかけて食べるという方も多いと
思いますが、 その食べ方はとっても効果的!

ただ単に、甘味をより感じられるだけでは
ありません。

 

そのように食べるとほとんどスポーツドリンク
を飲んでいるのと同じぐらいの効果を得ること
ができるんです。

電解質を体内に摂り入れるというのは、非常に
大切なことです。

 

また、リコピンには活性酸素の大量発生を抑える
という抗酸化効果もありますが、同時に 美白効果
も高いため、夏の肌対策にも有効です。

 

抗酸化作用がある食品は、動脈硬化を予防し、
がん発生のリスクを抑えるという効果もあり、
いわゆる若返りにも繋がります。

 

スイカは正に夏の健康食といっても過言では
ありませんね。

10%が糖分で、残り90%が水分なので、夏の
水分補給の手段としても最高の食材でしょう。

 
スイカの食べ過ぎ・妊娠中、糖尿病への影響は?
 

 

スイカのカロリーは?

スイカは基本的に 低カロリーです。

例えば225g(S玉8分の1)で83kcal。

大体100gで37kcalとなります。

 

糖質分解酵素も有るということで、一時期
「スイカダイエット」なるものも流行りま
したよね。

 

それは、スイカが低カロリーな食品であると
同時に、利尿作用や美白効果、とくにシミ・
ソバカスに効くという特徴があるからだと
思います。

 

女性にはうれしい成分しか入っていない野菜
といった感じです。

 

ただし、食べ過ぎるとお腹を壊して腹痛・下痢
に苦しむこともありますので、適度な量を食べる
ことが大切です。

 

 

いかがでしたか?

普段、夏の食べ物としてなんとなく食べていた
食材が、意外に豊富な栄養と効能があることが
理解できたのではないでしょうか。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。