日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

縁日・夏祭りの金魚すくいのコツ!ポイ、モナカ、悪徳業者も!

金魚すくい コツ

縁日・夏祭りの金魚すくいのコツ!ポイ、モナカ、悪徳業者も!夏になると、あちこちで行われるのが
縁日 夏祭りですね。

 

そして、デートに、お子さんとの思い出作り
に、と色々なシチュエーションで遭遇するのが、
金魚すくいですね。

 

どうせだったら格好良いところを
見せたいですよね!

 

そこで今回は、何匹も余裕でゲットできる
金魚すくい名人になっちゃうコツを大放出
しちゃいます!

 

金魚すくいのコツ・ポイの場合は?

縁日や夏祭りなどでは、 「ポイ」と呼ばれる、
プラスチックの枠に薄い紙が貼ってあるタイプ
での金魚すくいがありますよね。

 

このポイは金魚すくいの競技などでも正式に
使われている道具なので、これで上手くすく
えるようになれば、間違いはないでしょう!

 

では、ポイントとなる点やコツをご紹介します。

★紙の表と裏を見分ける
紙が貼ってある側が表です。

裏ですくってしまうと水圧でかなり破れやすく
なってしまうので、必ず表ですくうように
しましょう!

 

★子供や女性にポイを貰わせる!
何故ならお店によっては5号という比較的厚い
紙を子供や女性に渡して、男性には7号という
薄めの少々破れやすい紙を渡すという事をして
いるからなのです!

 

男性でも一緒にいるお子さんや彼女さんに
ポイを貰ってもらい、すくうのは自分で、
という作戦が有効だったりするんですよ。

 

★小さめの金魚を狙う!
出目金や大きめの華やかな金魚は、ポイで
すくうのは不可能と思い込んで臨んだ方が
無難です。

 

★水面近く、壁際にいる金魚を狙いうち!
ポイに水圧がかかるのを極力避けるのが
一番のコツですよ!

 

★水につける時は一気に!
ポイを水につけるときは、一気に全面を
濡らすことも大きなポイントです。

濡れている部分と濡れていない部分の境目
が実は破れやすいのです。

 

 
★動きの多くは斜めに!
ポイを水に差し入れる時と水から出す時は
斜めに傾けることが大切です。

水をすくっても破れやすくなるだけなので、
斜めに傾けて次の動作へ…。

 

逆に、水中では魚の真下を静かに水平に
動かして下さいね。

 

★金魚を無理に追いかけない!
自分の範囲に入ってきたのを狙うのが
最も効率的です。

自分自身は移動しない範囲ですくって
下さいね。

 

また、金魚の頭側から狙うのも大きな
コツと言って良いでしょう!

 

わかりやすい動画がありましたので、
紹介しておきますね!

 

金魚すくいのコツ・モナカの場合は?

続いてウエハースのような素材の物が
針金2本で支えられた モナカタイプでの
金魚すくいのコツを紹介しますね。

 

このモナカは、プロでもあまり沢山すくえ
ないと言われる程、難しいようです。

しかし、コツを掴めば少なからず効率は
上がるはずです。

 

★モナカは出来るだけ濡らさない!
特に金具部分を濡らしてしまうと、
あっという間に終わってしまいます!

 

★狙いをもっと絞る!
水面近くを泳いでいる小さい金魚を
モナカの縁ですくう。

大きいものは諦めるのが一番です。

長くて10年以上生きますので、ご家庭
に持ち帰って大きく育てましょう。

 

★握り方にもコツが!
可能であれば、親指と人差し指でV字を
作ってモナカのふちをささえる形で持つ。

ただし、店主に指摘された場合アウト
なので、様子をうかがいながら…です。

 

これで、モナカタイプでもなんとか
頑張れるはずです。

 

 

悪徳業者を見極めるポイントも!

すぐに破ける 薄い紙を使っているのに、
一回500円取ったりする悪徳業者的な
テキヤさんも未だにいるようです。

 

そこで悪徳業者かどうか見分けるコツを
最後に紹介しちゃいますね!

 

まず、 金魚の数が多く、人の良さそうな
店主のお店を選びます。

 

金魚の数が多いのは単純にすくえる可能性
が高いというのもあります。

 

また、たくさんの金魚が泳いでいると、金魚
たちが酸欠状態になりやすいので、水面近く
に上がってきやすく、すくいやすいという
理由もあるのです。

 

お店の人の雰囲気は、他の人とのやり取りや
様子を見ていれば、何となくフィーリングで
わかると思います。

 

また、ポイの箱があれば何号か見てみるのも
大きなポイントです。

 

5号(厚くて比較的破れにくい)~ 6号(普通の厚さ)
7号(薄めで破れやすい)という感じ
なので、参考にチェックしてみましょう。

 

お店の裏に箱が山積になっているのが
見えればラッキーですね。

 

ただし、強引に裏に回ろうとするのも
怪しまれますのでご注意を!

 

テキヤさんが厚い紙ですくうのを見せて、
実際にお客さんに渡すのは7号のポイなんて
こともあるので要注意です!

 

先陣を切るより、 前のお客さんがすくって
いる様子を観察するのも、かなり重要です。

 

 

いかがでしたか?

金魚すくい、やってみたくてウズウズ
してきたのではないでしょうか?

 

暖かくなると縁日が開かれることも多く
なりますし、夏祭りの時期には金魚すくい
ヒーローになるチャンスも増えます。

 

ただし、最後の注意事項として、他の
お客さんの分も、少しは残しておいて
あげて下さいね! (笑)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。