日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

水中ウォーキングのダイエット効果と腰痛・膝痛緩和に必要な時間

水中ウォーキング 効果

水中ウォーキングのダイエット効果と腰痛・膝痛緩和に必要な時間近年、 ダイエット 健康などのために
プールに通っている人も多いと思います。

 

でも、昔は泳げたのに、大人になると
思うように泳げなかったりしますよね。

 

また、腰痛膝痛などがある時は、運動は
あまり良くないと言われています。

 

そこで、健康上の悩みのある方におすすめ
なのが、 水中ウォーキングです。

 

今回は、水中ウォーキングの効果について
ご紹介したいと思います。

Sponsored Link

 

水中ウォーキングのダイエット効果

まずは ダイエットの効果について。

ただ水の中を歩いているだけという
イメージですが、水中ウォーキングは
本当に痩せられるのでしょうか。

 

陸上のウォーキングは、有酸素運動として
ダイエットにおすすめされていますよね。

それを水中で行うことで、体に負荷を
かけず行うことができるのです。

 

特に、膝痛がある場合、ウォーキングを
すると体に負担がかかりますので、 膝への
衝撃
も当然強くなります。

 

でも、水中なら浮力を活かして無理なく
できるというわけなんです。

 

それでも、水の抵抗は体が受けているわけ
なので、歩くだけでもダイエット効果も
高いと思われがちですよね。

 

しかし、ただ歩いているだけでは痩せません。

水中ウォーキングの基本的な歩き方は、胸を
張って、正しい姿勢で行うこと
が大切だと
言われています。

 

さらにお腹を引き締め、骨盤を少し前に出し、
少し前を向いて歩きましょう。

ウォーキング中は目線をあまり動かさない
ほうが良いです。

 

正しい歩き方を身に付けると、とくに下半身
痩せ
をしたいという人には効果的です。

 

普通の歩き方に慣れてきたら、 レンジウォーク、
ニーアップウォーク、サイドウォーク
という
水中ならではの歩き方があるので、こちらも
実践してみて下さいね。

 

更にダイエット効果がアップして、弛んだお腹
や下半身だけでなく、全身の脂肪が落ちて行く
ことでしょう。

 

「短期間で痩せたい」という人は、より全身を
大きく使う水泳のほうが良いかと思われます。
 
ジョギングしても痩せない原因とは?
 

 

水中ウォーキングの腰痛・膝痛への効果

さて、先ほども少しお話しましたが、
水中ウォーキングは、膝を痛めている人
でも行うことができます。

 

医学的にも、腰や膝に痛みがあるとき
に運動はおすすめできないようですが、
水中ウォーキングは別のようです。

 

というのも、やはり水中では浮力が働く
ので、膝や腰にかかる体重の負荷が軽減
されるからです。

 

地上では歩くと腰が痛い、膝が痛いという
人も、水中でなら無理なく歩けるという
ことも多いんですね。

 

効果的な歩き方はダイエットの時と同じ
ですが、 最初は無理なくゆっくり歩みを
進めて行きましょう。

 

そして、慣れてきたら、こちらも色々な
歩き方を取り入れてみて下さい。

 

続けていくと、 膝周辺の筋肉を鍛えることが
できますので、膝痛のみならず腰痛も緩和
に繋げることができます。

 

腰は「体の要」と書きますが、膝が安定
してくると、腰への負担も軽減できます。

 

ただし、こちらは長期間行う必要があるため
根気よく定期的に続けていきましょう。
 
週1回の水泳で得られる効果は?
 

 

1日の時間や期間はどのくらい必要?

水中ウォーキングで、ダイエットや腰痛、
膝痛の緩和の効果を得たいと考えた場合、
どのくらいの 時間が必要なのでしょうか。

 

まずは15~20分ほど続けて
歩きましょう。

そして、その後は負担をかけないように
50メートルプールで1往復ごとに休憩
取りながら続けていきましょう。

 

行う頻度は最低でも1週間に1回、できる
なら2回行うようにすると効果的です。

 

水中ウォーキングは突発的に効果が出る
ものではありませんので、定期的に行い、
継続していくことが大切です。

 

ですから、自分の続けられるペースや
期間を設定して続けてみて下さいね。

最低でも3ヶ月頑張って継続すると、
どんどん楽しくなっていきますよ。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。