日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

セミの寿命は本当に1週間?最長でどのくらい?素数との関係も!

セミ 寿命

セミの寿命は本当に1週間?最長でどのくらい?素数との関係も!夏になると鳴き声がうるさいほど
聞こえてくる セミ

 

土の中で長い間過ごしてから木に登り、
成虫になると僅かな時間で死んでしまいます。

 

成虫になってすぐに死んでしまうなんて
かわいそう、なぜそんなに早く死んじゃうの?

なんて子供に聞かれることもあるかと思います。

 

そこで今回は、セミの寿命は実際にはどのくらい
かというテーマでご紹介したいと思います。

Sponsored Link

 

セミの寿命は本当に1週間なの?

セミの寿命は1週間と言われていますが、
実際はそうではないようです。

 

成虫のセミは、他の虫や動物に襲われ
なければ3週間~1ヶ月間は生きると
言われています。

 

でも、成虫は捕まえても飼育するのが難しく、
そこからの寿命が3週間ほどしかありません。

 

そして、 夏の昆虫というイメージが強い
ですが、実は暑さにとても弱い虫です。

そのため、暑さのために死んでしまう
セミもいるようです。

 

成虫の場合は、すぐに死んでしまうイメージ
も強いかと思いますが、幼虫のときは
3年~長くて17年も土の中で生活しています。

これにはビックリですね!

 

幼虫の時期も合わせると、セミの寿命は
昆虫の中でも とても長いと言えます。

 

 

セミの寿命は最長でどのくらい?

本来セミの寿命は1ヶ月だと言いましたが、
夏の暑さや天敵により、実際に1ヶ月も生
きられるセミはあまりいません。

 

ただし、鳥や動物、他の昆虫などに襲われず、
しかも暑さで体力を消耗しないような所で
生活しているセミは長く生きられるようです。

 

また、 9月頃に季節はずれで成虫になる
セミもいますが、涼しくなり始めた季節
なので、1ヶ月以上も生きられるそうです。

 

ごくまれに 11月頃に鳴いているセミが
いますが、これは9月ごろに成虫になった
もので、2ヶ月もの間、成虫として生き続
けているものなんです。

 

しかし、それ以降は当然寒くなり、越冬
することはできませんので、成虫の場合、
最長でも2ヶ月の寿命といったところです。
 
クワガタの寿命はどのくらい?
 

 

セミの寿命と素数の関係は?

素数とは2、3、5、7、11、13、17…など、
1とその数以外で割り切れない数のことを
言います。

 

セミは幼虫として土の中で長年生活すると
言いましたが、その中には 素数セミと言わ
れる13年セミ17年セミというものがいます。

 

名前の通り、13年や17年周期で出現すると
いう非常に珍しいものです。

 

これは氷河期の影響で幼虫のえさとなる
木の根に栄養が行かなくなり、成虫になる
までに時間がかかったため、 長い周期で
成長するもの
と言われています。

 

この周期がおどろくほど正確で、アメリカ
では、この周期がくる年になると、研究者
がこぞって動き出すようです。

 

実際には3週間ほど生きられるセミの寿命が、
1週間、つまり 素数の7日間と言われるように
なったのも、何かの因縁でしょうか…。

 

 

いかがでしたか?

1週間と言われているセミの寿命も、時期に
よっては2ヶ月も生きられるんですね。

 

昆虫好きの方なら、幼虫の時の 素数との関係も、
とても興味深いものではないでしょうか。

 

これを知っていれば、子供にも自信を持って
教えてあげることができますね。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。