日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

ウーロン茶の栄養成分と効能!ダイエット効果の影に副作用も!

ウーロン茶 効能

ウーロン茶の栄養成分と効能!ダイエット効果の影に副作用も!近年、身体に良いとされ様々な種類が
販売されている ウーロン茶

 

スーパーなどでもお茶のコーナーには
様々なウーロン茶の種類が並んでいます。

 

茶褐色のものから黒に近いような色
ものもたくさん販売されていますね。

 

そこで今回は、ウーロン茶の栄養成分や
効能、ダイエット効果
などをご紹介します!

Sponsored Link

 

ウーロン茶の栄養成分は?

世の中には 緑茶、紅茶、ウーロン茶など
様々なお茶がありますよね。

 

これらは加工の工程が違うだけで、
元の茶葉は同じ事は知られていますね。

 

茶葉の中に含まれている酵素の働きで
茶葉を発酵させ、その発酵具合で呼び名
も味も香りも変わります。

 

知られているお茶として、 緑茶は発酵
を全くさせない状態、逆に 紅茶は完全に
発酵させます。

そしてウーロン茶は発酵具合を微妙に
調節して作る、半発酵のお茶になります。

 

ウーロン茶に含まれる栄養成分としては、
ナトリウム、カルシウム、カリウム、
マグネシウムが微量に含まれています。

 

これらのミネラルでさえ、ほんの微量と
いうことで、ほとんど栄養成分は ない
言われているのです。

 

ただし、カフェインの他に、カテキン、
タンニンなどの ポリフェノールが豊富
で、アミノ酸の一種である テアニン
体内でポリフェノールに変化します。

 

この微量栄養素がお茶やウーロン茶の
一番の魅力と言って良いでしょう。

 
玄米茶の効果・効能・副作用!カフェイン含有量と妊婦との相性!
 

 

ウーロン茶の効能とダイエット効果

ウーロン茶には前述したように身体に
良いとされるポリフェノールが豊富に
含まれています。

 

もちろんコーヒーなどにも含まれる
カフェインにも 利尿作用、覚醒作用、
疲労回復効果
があると言われています。

 

また、カフェインには運動能力を向上
させる効能もあり、これを含む飲み物
などを摂取した人は、普段より長く
運動を続けられることがわかっています。

 

そして、ポリフェノールに注目すると、
カテキンは ガン予防、血圧上昇抑制、
抗菌・抗ウイルス
の効果があることで
知られています。

 

同じくタンニンには抗酸化作用、
下痢予防などの効能もあります。

 

「ウーロン茶ポリフェノール」という
独自の成分には、肥満防止、虫歯予防。

テアニンにはリラクゼーション効果が
あるといわれています。

 

そして、ウーロン茶にはご存知の通り、
ダイエット効果があると言われています。

 

ポリフェノールには摂取した食べ物に
含まれる余分な脂肪分を、身体の外へと
排出してくれる作用があります。

 

また、一番重要な効能として挙げられる
抗酸化作用というのは、ストレスなどを
きっかけとして大量に増えてしまう「活性
酸素」
を抑制する効果のことです。

 

活性酸素の大量発生は自律神経に悪影響
を及ぼしたり、ガン動脈硬化などの原因
となるものなので、抑制できるのは嬉しい
ですね。

 

その他、 発酵食品がダイエットに良いという
のは、誰もが知るところですよね。

ウーロン茶も加工の工程で発酵させて作る
発酵食品の1つと考えれば、納得ですね。

 

ダイエット効果は勿論、健康維持のため
ぜひ沢山飲んで頂きたいお茶なのです。
 
緑茶と紅茶と烏龍茶の違い!効能は?
 

 

ウーロン茶の副作用とは?

そんな健康維持に一役も二役も買って
くれるウーロン茶ですが、やはり 副作用
がゼロというわけではないようです。

 

適度に飲む事は勿論身体にいいのですが、
時と場合によっては害にもなるようです。

 

まずウーロン茶にはタンニンやカフェイン
が多く含まれているので、空腹状態で飲むと
胃腸に負担をかける事になります。

飲むなら食事の際に一緒に飲むと良いです。

 

また、カフェインを多く含みますので、夜
大量に飲む事は 眠れなくなる要因になります。

 

夜に飲むのなら、冷たいお茶では内臓を
冷やしてしまい、新陳代謝を低下させて
しまいます。

 

出来れば、急須などで淹れた温かいお茶を、
湯呑み一杯程度ゆっくりと楽しみながら飲む
のがおすすめです。

 

さらにはウーロン茶を飲む事で 下痢の症状
が出るという人もいます。

 

ウーロン茶に限った事ではないですが、お茶
に含まれる強い殺菌作用が、時に副作用を
招き、下痢を起こしてしまうようです。

 

健康維持に欠かせない飲み物となっていますが、
胃腸が弱い人は極力空腹時を避け、量を調節
して頂くことも大切です。

 

デトックス効果と考えられなくもないですが、
健康的に痩せたいという人は、副作用が出ない
ような工夫も必要ですね。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。