日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

産毛の処理!顔(小鼻やおでこの生え際)と体(お腹や背中)の方法

産毛 処理 顔 体

産毛の処理!顔(小鼻やおでこの生え際)と体(お腹や背中)の方法夏が近づき、薄着になると気になるのが
産毛ですね。

 

あくまでも産毛なので、気にしすぎも
良くありませんが、なかには剛毛タイプ
女性もいて、目立つ人もいますよね。

 

冬の間はちょっと処理をさぼっても
衣服でカバーできたものが、夏になると
そういうわけにもいかなくなってきます。

 

自宅で処理をするときに間違ったやり方
をしてしまうと肌トラブルの原因にも
なりかねません。

 

そこで今回は、夏に向けての顔や体の
産毛の処理
についてご紹介しますね!

Sponsored Link

 

産毛の処理・顔(小鼻やおでこの生え際)

顔の産毛は無理に処理する必要はないの
ですが、実践すると 化粧のノリも随分
良くなってきます。

 

とくにおでこの生え際や小鼻のあたり、
口元が気になる女性も多いかもしれません。

 

ファンデーションが浮きやすい人は、
軽く処理をすると良いですね。

 

顔の皮膚はとても薄いため、肌を
傷つけやすいので注意が必要です。

 

眉毛などの太い毛には 毛抜きを使う人が
多いですが、毛穴を開かせる原因となる
ので避けましょう。

 

どうしても毛抜きを使う時は、抜いた後
に冷やすようにすると、炎症や毛穴の開き
を防ぐことができます。

 

カミソリを使用する際はT字タイプよりも、
L字タイプの方が適しています。

 

とくに小鼻は小さいカミソリを使用すると
良いでしょう。

 

また、女性用の 電動シェーバーはより肌へ
のダメージが少なくなります。

 

小鼻や口の周りは週1回程度、おでこの
生え際や、その他は月に1回程度の処理
にとどめます。

 

過剰に行えばカミソリ負けの原因となり、
肌荒れや湿疹を作る危険性があるので、
くれぐれも様子を見ながら行いましょう!
 
女性の顔の産毛処理は100均でも!
 

 

産毛の処理・体(お腹や背中)

体の産毛は、面積が大きいため顔よりも
大変ですよね。

ですが、 お腹 背中に産毛が生えていると
水着などを着る際に気になってしまいます。

 

加えて、比較的毛が伸びるスピードが
速いので、頻繁に処理が必要になります。

 

基本はカミソリを使用するとてっとり早い
です。

でも、何度も使用すると 埋没毛が発生したり、
紫外線のダメージを受けやすい肌になったり
というデメリットもあります。

 

除毛クリームは簡単にきれいに処理でき、
広範囲の産毛には向いています。

ただし、こちらも週1回程度使用すると
費用がかさんでしまうこと、薬品による
肌へのダメージが強いのがデメリットです。

 

また、体の産毛の場合は、お腹などの前面
は手が届くので処理できますが、背中など
は自分では見えない、手が届かないので
難しい部分ですね。

 

そうなると 脱毛サロンなどのプロに施術
してもらうのも一つの手段です。

 

産毛とはいっても、かなり濃く生える人
もいますので、しっかりしたお手入れも
必要ですね。

 

カミソリを使って自分で処理する人もいます
が、背中の場合はちょっと危険です。

 

もし海水浴やプール、パーティなどで、背中
の見える服装をするときには、できれば 友人、
姉妹
などに手伝ってもらうようにしましょう。
 
女性のカミソリ負けを防ぐには?
 

 

産毛の処理・カミソリを使う時の注意事項

顔も体も カミソリを使って処理する人が
多いと思います。

もし使用するときには、毛の流れに沿って
使用するようにしましょう。

 

一見、毛の流れに逆らった方が綺麗になり
そうですが、皮膚を傷つけ、埋没毛ができる
原因になりますよ。

 

また、腕や足などの平面にはT字タイプ
顔や脇にはL字タイプカーブタイプと、
使用するカミソリを使い分けましょう。

 

体の部位に適していないタイプを使用
すると、肌の表面を傷つけます。

 

また、 入浴時に産毛処理をする人も多いか
と思いますが、実はNGです。

毛穴が開いている状態で行うと、炎症、
つまりカミソリ負けの原因になりやすい
のです。

 

お風呂で剃毛する場合は、入浴前に行う
のが鉄則といっても良いです。

 

ボディーソープや石鹸を併用するのも、
同じように肌にダメージを与えます。

 

その際は専用のシェービングクリーム
使用して、極力肌への刺激を抑えます。

 

また、処理後には 保湿を行い、ダメージを
受けた肌の保護をします。

 

正しい方法で行わないと思わぬ肌トラブル
を引き起こしかねませんので、十分注意
して行って下さい。

 

カミソリやクリームは正しく使用し、また
自分の肌に合う産毛処理の方法を選んで
みて下さいね。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。