日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

シャツの襟汚れや黄ばみを落とす方法!重曹や漂白剤で簡単に!

シャツ 襟汚れ 黄ばみ

シャツの襟汚れや黄ばみを落とす方法!重曹や漂白剤で簡単に!毎日スーツで出勤する人は、特に暑い季節に
シャツの襟汚れが目立ち、気になりますね。

 

頑固な黄ばみになって、何をやっても
落とせないことも珍しくありません。

 

その上、クールビズの季節はノージャケット
で出勤すると、汚れがいつもより目立って
しまいます。

 

そこで、日ごろから清潔にしておくために、
今回は、シャツの襟汚れや黄ばみを簡単に
落とす方法
について紹介します。

Sponsored Link

 

シャツの襟汚れや黄ばみの原因は?

なぜシャツの襟が汚れやすいのか。

それは汗や皮脂が溜まりやすい場所
だからです。

 

黒ずんだ汚れは、 で塗れた状態に
ほこりなどが溜まったもの。

黄ばみを作る汚れは、皮脂腺から分泌
される 皮脂が原因です。

 

襟だけでなく、袖元も汚れやすいですが、
それは襟や袖は肌が直接頻繁に触れる部分
だからです。

 

皮脂は油汚れのため、水で洗濯しても落ち
にくく、徐々に蓄積されてしまいます。

 

クリーニングに頻繁に出すのも費用がかさみ
ますので、日ごろから自宅での洗濯の際に
ひと手間かけてみましょう。

 

 

シャツの襟汚れや黄ばみは重曹や漂白剤で落ちる!

自宅にあるもので、簡単に襟汚れや黄ばみ
を落とすことができます。

 

酸素系漂白剤重曹2:1の割合で
混ぜたものを、襟や袖の汚れが目立つ
ところに塗ります。

 

そこへ アイロンをあてて熱を加え、汚れを
溶かします。

軽く流してから洗濯機へ入れて、他のもの
と同じように洗います。

 

蓄積されたシャツの襟汚れも黄ばみも
この方法で綺麗に落とすことが可能です。

 

また、酸素系漂白剤と重曹を 50度くらいの
お湯
に溶かして、そこへ一晩シャツを浸け
置き
するだけでもかなり綺麗になります。

 

定期的に浸け置きをすることで、汚れの
蓄積を防ぐことができますよ。

 

重要なのは、 を加えることです。

皮脂汚れは水には溶けにくいこと、また、
重曹や酸素系漂白剤は真水よりも お湯
(50度前後)
の方が、効果が増すためです。

 

シャツの黄ばみが気になって仕方ないと
いう人は、ぜひお試し下さいね。

 

皮脂汚れは、食器用の洗剤を使うことでも
綺麗に落とすことができます。

 

もし漂白剤や重曹がない時には、洗濯前に
襟元に食器用洗剤を軽く揉んでおくと、
洗濯洗剤だけで洗った時よりも襟汚れが
落ちやすくなります。
 
脇汗の黄ばみの原因と落とし方!洗剤選び洗濯法
 

 

シャツの襟汚れや黄ばみ・防止する方法は?

汗や皮脂をシャツに付着させないように
することが、襟汚れや黄ばみの防止に
つながります。

 

汗をかいた時にはこまめに汗を
拭くことが大切です。

また、洗濯・アイロンをかけた後のシャツ
の襟に ベビーパウダーを塗っておくと良いです。

 

ベビーパウダーが皮脂や汗を吸着して
くれるため、シャツに直接汚れが付か
なくなり、黄ばみ防止に効果的です。

 

同じ理由で、アイロンがけをするときに
糊付けするのも汚れを防ぐのに役立ちます。

 

また、汚れが付着した状態で放置しない
ようにしましょう。

脱いでからすぐに洗えない場合には、
ぬるま湯に浸けておくだけでも状態が
変わります。

 

その際、漂白剤や重曹を使うと良いでしょう。

 

白いはずのシャツが汚れていては、せっかく
他の部分でおしゃれをしても台無しです。

きれいな襟元を保って、清潔を
心がけてくださいね。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。