日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

トマトの食べ過ぎは太る?下痢をしたり人体への害や病気も!

トマト 食べ過ぎ

トマトの食べ過ぎは太る?下痢をしたり人体への害や病気も!夏野菜といえば、ふんだんに日光を浴び、
栄養価も高いイメージがありますよね。

 

そして、野菜の中でも栄養価が高いと
いわれているもののひとつに トマト
ありますね。

 

なんでも食べ過ぎは良くないといいますが、
体に良いはずのトマトでも、それは同じ
なのでしょうか?

 

そこで今回は、トマトの食べ過ぎに
よる弊害
についてご紹介します!

Sponsored Link

 

トマトの食べ過ぎは太るの?

トマトは栄養価が高いですが、 低カロリー
なのでダイエットしている人にもおすすめ
の食材だといわれています。

 

でも、やはり食べ過ぎると太ってしまう
のでしょうか?

 

トマト自体はカロリーが低いので食べ過ぎ
ても直接太るということはあまりありません。

 

ただし、トマトは水分が多いので、
体を冷やしてしまいます。

体が冷えると代謝も悪くなるので、
ダイエットにも良くないですね。

 

ですから、量だけには注意してください。

 

ダイエットにトマトを取り入れる際は
夕飯に食べるのがおすすめです。

寝ている間に分泌される 成長ホルモン
トマトの栄養成分がサポートしてくれる
ので効果的なのです。

 

トマトの量は多くても1日3個ほどに
しておきましょう。

 

ただし即効性のあるダイエットではありま
せんので、1ヶ月以上は続けてみることが
大切ですよ。

 

 

トマトの食べ過ぎは下痢しやすい?

トマトを食べ過ぎると、先ほどお話した
ように体を冷やしてしまいます。

そして、お腹を壊して下痢になりやすい
ので注意してください。

 

体を冷やすと内臓も冷えてしまい、胃腸の
機能が低下してしまいます。

 

元々下痢体質の方には、トマトは 禁止食材
とされていますので、あまり生で食べない
ほうが良いでしょう。

 

トマトの旬はです。

他にも、夏が旬の野菜は体を冷やす効果を
持つものが多いです。

 

ですから、暑い時に少し食べる分には
全く問題ありませんが、生のものを食べ
過ぎてしまうと体が冷えてしまうんですね。

 

とくに冬場は体が冷えやすいので、生の
トマトはあまり食べないほうが良いでしょう。

 

体にいいから、ダイエットにいいからと
いって、ひたすら1つの食材ばかり食べる
のも体には良くありません。
 
プチトマトの栄養・効能・カロリー!
 

 

トマトの食べ過ぎ・人体への害は?病気になる?

トマトの食べ過ぎは、冷え、下痢以外に
人体には影響がないのでしょうか?

 

実は、他にも沢山食べると良くない理由
がありました。

が強い食材を食べ過ぎるのが
体にとって良くないのです。

 

トマトは酸が強いので、食べ過ぎると食道の
逆流
などを引き起こすこともあるのです。

 

いわゆる 「逆流性食道炎」 「胃食道逆流症」
などの病気を引き起こす可能生があります。

 

健康に良いはずのトマトで病気になってしまう
のは嫌ですよね。

 

トマトの他にもオレンジなど、酸の強い食品
は同様ですので注意してくださいね。

 

また、トマトには シュウ酸が多く含まれています。

シュウ酸とカルシウムが結合すると
シュウ酸カルシウムという物質に変わります。

 

これは結石の原因になってしまう物質なのです。

とくに 胆石の痛みで苦しまないで済むよう、
気をつけなければいけませんね。

 

トマト以外にもほうれん草セロリにも
シュウ酸が含まれているため、ベジタリアン
の人は、意外と結石になりやすかったりも
するんですよ。

 

どんなに栄養価の高い食材でも、やはり
食べ過ぎは良くないということがわかりますね。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。