日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

紫外線量の多い時期・時間帯!曇りや雨の日でも侮れない!

紫外線 多い 時期

紫外線量の多い時期・時間帯!曇りや雨の日でも侮れない!太陽の日差しが日に日に増す
季節になりました。

 

ジリジリと焼けつくような太陽の日差し
を浴びた時、気になるのが 紫外線

 

夏が近づいてくると、そこかしこで
「UVケア」という言葉を見聞きする
ようになりますよね。

 

でも、UVケアって夏の時期だけ
しておけば良いものなのでしょうか。

 

そこで今回は、紫外線量の多い時期や
時間帯
に加え、曇りや雨の日についても
ご紹介したいと思います。

Sponsored Link

 

1年で紫外線の量が多い時期は?

ジリジリと肌を焼くような強い日差しの は、
当然紫外線量も多いだろうと思いがちですね。

 

でも実は、 ピークの時期は夏本番より少し前
にやってくることをご存知でしょうか?

 

大体3月頃から徐々に紫外線量が増えてきて、
5月~7月頃にピークを迎えます。

 

確かに5月に入ると、長時間野外にいた時に
すっかり日焼けしてしまうことがありますよね。

 

そして驚くことに、なんと4月~9月までの
6ヶ月間に降り注ぐ紫外線量は、1年間の量
約8割を占めるといわれています。

 

それだけに、ピーク時にはたくさんの紫外線
を浴びていると想像ができますね。

 

お肌のことを考えると、やはり4月、5月頃
からしっかりとUVケアをする必要があり
そうですね。

 

女性の場合はとくに、日焼けして黒くなる
だけでも困る人もいますし、それが原因で
シミになってしまうこともあります。

 

皮膚がんなどの原因にもなるともいわれて
いますので、日焼け止めはもちろん、日傘
つば広の帽子なども必要かもしれませんね。
 
日焼け止めを塗る順番は?化粧水・乳液・下地
 

 

1日で紫外線の量が多い時間帯は?

では今度は、1日単位で見てみましょう。

1日の中で一番紫外線量が多い 時間帯
というものがあります。

 

それは最も日差しが強くなる正午を挟んだ
前後それぞれ約2時間のam10:00~pm2:00
の約4時間です。

 

この時間帯、人にとっても一番活動的な
時間帯でもありますよね。

 

紫外線量が一番多い時期・時間帯にたった
1~2時間野外活動をしていただけで、その
夜のシャワーが染みることに…。

 

ちょっと外出していただけなのに、首周り
が赤くヒリヒリと日焼けしていることも。

みなさんもご経験があるのではないでしょうか?

 

こんな苦い経験を避けたい方は、こまめに
UVケアを行うことで、お肌を紫外線から
守りましょう。
 
紫外線対策の日傘の効果!白と黒はどっちが良い?
 

 

曇りや雨の日でも紫外線の量は多い!

意外と油断しがちなのが、 曇り など、
お天気が良くない時です。

太陽の日差しが強くなければ、紫外線も
強くない…なんてお考えではありませんか?

 

確かに大きく間違っているわけではありません。

しかし、紫外線量が0になるわけでは
ないので、実は油断大敵なのです。

 

雨の日の場合は晴れの日の約20~30%
紫外線量が、曇りの日の場合は曇り具合
にもよりますが、晴れの日の約50%~80%
の量が降り注ぐといわれています。

 

雨の日はそれほど多い訳ではありませんが、
想像していたよりも、曇りの日の紫外線量
は侮れないと思いませんか?

 

曇りの日でも正午近い時間帯にずっと野外
に出ていれば、十分日焼けする可能性が
高いといえます。

 

やはり、紫外線量がとくに多くなる季節や
時間帯に外出する際は、お天気に左右される
ことなく、きちんとUVケアをした方が
良さそうですね。

 

家族で潮干狩りに出かけたり、子供の運動会
や部活の試合の観戦なども、 しっかりと対策
して出かけましょう!

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。