日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

乾燥剤を誤飲したときの症状と対処法!赤ちゃんやペットも注意!

乾燥剤 誤飲

乾燥剤を誤飲したときの症状と対処法!赤ちゃんやペットも注意!お菓子の袋などによく一緒に
入っている 乾燥剤

 

そのまま袋に入れておくと、小さなお子様が
誤って食べてしまったりと、誤飲の恐れ
あります。

 

乾燥剤にはいくつか種類があって、その中
には食べると化学熱傷の危険があるものも
あります。

 

赤ちゃん、子供の他にも、ゴミ箱に捨てて
おいたり床に落ちていたら、ペットが食べて
しまったということも耳にします。

 

そこで今回は、乾燥剤を誤飲してしまった
ときの症状や対処法
について紹介します。

Sponsored Link

 

乾燥剤のシリカゲルやシリカエタノールってなに?

乾燥剤の種類にはいくつかあります。

その中でよく耳にするのは シリカゲル
だと思います。

 

シリカゲルはメタケイ酸ナトリウム
いって、水溶液を放置しておくと水分を
吸収するという性質をもっています。

 

色は無色透明ですが、乾燥剤として使う時
には青色に着色されていて、色が ピンク
変わると吸湿したことがわかるようになって
います。

 

これは誤飲しても概ね体外に排出されるので
そんなに危険ではありません。

 

しかし、まれに口の中がただれたり、食道の
壁に付着して炎症を起こしてしまうことが
あるため、当然楽観視はできません。

 

また、 シリカエタノールはシリカゲルに
エタノールを染み込ませたもので、吸湿効果
のほかにカビ防止酸化防止の効果があります。

 

こちらもシリカゲルと同じで、誤飲して
しまってもそんなに問題はありませんが、
何か異変が起こらないか様子を見ておく
必要はあるでしょう。

 

 

赤ちゃんが乾燥剤を誤飲してしまったときの症状や対処法は?

上記の2種類は誤飲してもそれほど問題は
ないので、もし誤飲してしまったら
たくさん飲ませて下さい。

 

赤ちゃんをはじめ、子供の場合は様子を
見て、何か症状が現れたらすぐに病院に
連れて行きましょう。

 

それ以外で危険なのは塩化カルシウム
石灰を使った乾燥剤です。

 

この2種類は、化学熱傷の危険性があるので、
すぐに牛乳を飲ませて、病院に連れて
行きましょう。

 

赤ちゃんの口の中にある場合は手でかき出し、
飲み込んでしまった時には吐き出させない
ように注意しましょう。

 

吐き出させると、再び喉を通って化学熱傷を
起こしてしまう恐れがあるので、落ち着いて
対処しましょう。

 

石灰の場合は口の中や喉がただれて、ものが
飲み込めなくなったり、 胃の灼熱感 出血
などの症状を起こすこともあります。

 

非常に危険と言わざるを得ませんので、
最悪の場合、救急車のお世話になること
も必要になってきます。

 

子供の一大事にあたふたすることも親の
仕事のうちですが、極力冷静に対処して
下さいね。

 

 

ペットが乾燥剤を誤飲してしまったときの対処法は?

犬や猫、うさぎなどのペットを飼っている
場合、乾燥剤に限らず、なんでも飲み込んで
しまうということがあるかと思います。

 

ペットも赤ちゃんと同じように、乾燥剤を
誤飲してしまうと口の中や食道がただれて
しまうことがあります。

 

まずは体外に出させるようにしましょう。

吐き出させるのがいいのか、便で出させた
ほうがいいのかを考えましょう。

 

吐かせようと決断したら、スプーン1杯分
くらいの を飲ませることで、すぐに吐き
出してくれます。

 

吐くと余計に炎症を起こしてしまいそうと
考えた時には、牛乳を飲ませましょう。

 

誤飲した乾燥剤が微量で便で出させようと
決断したら、ペットフードに さつまいも
かぼちゃを蒸したものを混ぜて下さい。

便のかさが増えて排出しやすくなります。

 

 

いかがでしたか?

乾燥剤を誤飲してしまったときには、
まずは大人が落ち着いて対処します。

 

たくさん水を飲ませたり、解毒作用の
ある牛乳を飲ませましょう。

 

そのあとで、様子を見て異変があれば、
病院に連れて行くようにしましょう。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。