日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

結婚式の日取りや招待状の投函・先勝や先負でも良いの?

結婚式 先勝 先負

結婚式の日取りや招待状の投函・先勝や先負でも良いの? 結婚式の日取りを決める時、六曜、六輝を
気にされる方もいらっしゃると思います。

 

とくに、本人同士というよりも、親御さん
親戚の方が気にされることも多いですよね。

 

六曜、六輝といっても大安や仏滅はわかる
けど、その他は知らない人も多いです。

 

そこで今回は、特に先結婚式の日取り
で先勝、先負
についてまとめてみました。

Sponsored Link

 

結婚式は先勝の午前中、午後に行っても良いの?

六曜(ろくよう)、六輝(ろっき)には
大安の他に、 友引、先勝、赤口、先負、
仏滅
があります。

 

これは、中国から伝わってきた古い
占いが元になっています。

元は曜日のようなものだった
とも言われています。

 

江戸時代になってから吉凶を表すように
なったといわれていますが、その根拠は
わかっていないそうです。

 

でも昔から有るものですから、お年寄り
などはとくに気にされる方も多いです。

 

自分たちだけでなく、みんなに納得して
もらう結婚式にするには、その点も配慮
して日取りを決めたほうが良いかもしれ
ませんね。

 

先勝(せんしょう、さきがち)の日は、
午前中が吉で午後が凶、という意味です。

よって、午前中に結婚式を行う分には
問題ありません。

 

午後までかかる場合も、午前中に
始めれば午後になっても大丈夫です。
 
結婚式の引き出物の相場は?
 

 

結婚式の日取り・先勝と先負、友引ではどれが良い?

それでは、結婚式の日取りとして
先勝、先負(せんぷ、さきまけ)、
友引(ともびき)
では、どれが
良いのでしょうか。

 

先勝に関しては前述したとおり、
午前中は吉です。

先負はその反対で午前中は凶ですが、
午後は吉となります。

 

ただし、万事平静であることが良い
とされ、勝負事や急用は避けるべき
とも言われています。

 

先勝と先負は午前が良いか、午後が
良いかの違いだけかと思いがちですが
実は少し違うんですね。

 

負けるという漢字が入っているので
あまりいいイメージがないという人
もいますよね。

 

それも間違いではないんです。

大安、友引、先勝は吉日
先負、赤口、仏滅は凶日

とされているのです。

 

友引は大安の次に良い日なので、
もし順番をつけるとすると
友引、先勝、先負の順に良いと
されています。

 

ただ、六曜に科学的根拠がない以上、
仏滅に結婚式を行っても問題はない
というのが本当の話です。
 
入籍する日取りは仏滅でも大丈夫!?
 

 

結婚式の招待状・先勝や先負に投函しても良いの?

結婚式の日取りだけでなく、招待状も
消印日が「大安」もしくは「友引」が
良いとされています。

 

消印が残るので、できることなら日柄で
選んだほうが良いようです。

 

式の日取りですと日柄によって料金
変わってきたりもしますが、招待状の
投函でしたら料金も変わりませんしね。

 

手渡しの場合もできれば大安、友引が
好ましいですが、先勝の午前中、先負
の午後でしたら問題はないですよね。

 

受け取る側としては気にしないという
人も多いようですが、 気にされる方も
いることは確かです。

 

できることなら大安に合わせるのが
ベターですね。

手渡しの場合も、気にされる方や上司
にはなるべく大安に渡しましょう。

 
 

招待状の投函は毎日できるものなので、
苦労するようなこともありませんね。

 

ただし、結婚式の日まであまり時間が
ない場合は、日柄よりも早めに投函、
手渡しするほうが好ましいです。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。