日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

紫蘇ジュースの作り方!レモン・クエン酸・はちみつを使っても!

紫蘇ジュース 作り方

紫蘇ジュースの作り方!レモン・クエン酸・はちみつを使っても!日増しに暑くなってくると、さわやかな
飲み物が恋しくなってきますね。

そんなときは手作りの 紫蘇ジュース
作ってみてはいかがですか?

 

紫蘇は購入してもいいですが、自宅の庭
プランターで簡単に栽培でき、増やす
ことができますよ。

 

そこで今回は、紫蘇ジュースの作り方と
おいしい飲み方
を紹介します。

Sponsored Link

 

紫蘇ジュースの原液の作り方

紫蘇ジュースは 原液を作って冷蔵庫で
保存し、飲みたいときに炭酸水
割って飲みます。

 

☆材料
紫蘇:350~400g(基本は赤紫蘇ですが赤紫蘇と青紫蘇が混ざってもOKです。)
砂糖:800~1000g(上白糖でOKですが、好みで三温糖やきび砂糖、黒糖でも)
米酢:500ml
水:2000ml

 

☆作り方

①紫蘇はきれいに洗い、汚れを落とし、水気を切ります。

②鍋に水を入れ沸騰させ、そこへ紫蘇を入れ中火で5分程度煮立たせます。

③赤紫蘇が緑色になったら紫蘇を取り出します。

④煮汁に砂糖を加え、中火で加熱し、砂糖が完全に溶けたら火を止めます。

⑤最後に米酢を加え、混ぜます。すると色がきれいな赤色になります。

※完成した原液は煮沸した瓶など
に詰めて、冷蔵庫で保存します。

 

保存状態がよければ2か月程度
保存可能です。

 

 

紫蘇ジュースの作り方・レモン・クエン酸・はちみつを使っても!

さきほど紹介したレシピが基本に
なりますが、酢が苦手な人は レモン汁
クエン酸でも代用可能です。

 

米酢ではなく、リンゴ酢などの
フルーツ酢を使っても味わい深く
なりますよ。

 

酸味の強いものを加えることで、
さわやかな味にする効果があります。

また色が綺麗に出るという効果も
ありますので必ず加えてください。

 

また、砂糖の代わりに はちみつを使う
こともできますが、はちみつだと
甘さを出すのに量を増やす必要が
あります。

 

 

紫蘇ジュースのおいしい飲み方

作った原液は、水や炭酸水で好みの
濃さに割って飲みましょう。

 

また、焼酎に少し加えたり、ジンや
ウォッカで割って紫蘇カクテル
しても、夏にぴったりのさわやかな味
になります。

 

少し濃いめに水や炭酸で割った
ジュースに寒天やゼラチンを加えて
ゼリー、凍らせて シャーベットにも…。

 

デザートとしてもおいしく、
また見た目も鮮やかに楽しめます。

 

オリーブオイルに少し原液を混ぜて
紫蘇ドレッシングを作り、サラダに
かけるのもいいでしょう。

 

また、ジュース作りで余った紫蘇は、
塩をもみこんで乾燥させ、ふりかけ
にすることができます。

 

 

紫蘇は腸内環境の改善効果があり、
花粉症にも効果的といわれています。

 

また、 ポリフェノールも豊富に含まれ、
糖分や脂肪の吸収を抑える効果も。

 

カリウムによる利尿作用によって
ダイエット食品としても注目されて
います。

 

夏の時期にはピッタリのさわやかな
飲み物ですし、おいしく飲んで綺麗
になれれば一石二鳥ですね。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。