日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

梅雨時に赤ちゃんがよく寝るのはなぜ?逆に寝ないのはなぜ?

梅雨 赤ちゃん 寝る

梅雨時に赤ちゃんがよく寝るのはなぜ?逆に寝ないのはなぜ? 梅雨になると、大人でも体調が悪くなったり、
うつっぽくなる人もいますよね。

毎日ジメジメとしていて気が滅入って
しまうこともよくあることです。

 

また、雨の日が続くと 赤ちゃんがいる
家庭では、お出かけなどが難しくなって
しまいますね。

 

湿気の多さや日々の気温差など、赤ちゃん
の体調管理にも気を配る必要があります。

 

そこで今回は、梅雨の時期の赤ちゃんの
過ごし方
の注意事項などご紹介します!

Sponsored Link

 

梅雨時に赤ちゃんがよく寝るのはなぜ?

雨の日は赤ちゃんが よく寝るといわれる
ことがあり、梅雨の時期も例外ではあり
ません。

 

これに対しては、明確な答えがないという
のが現状です。

 

有力な説のひとつに、雨の日は気圧が低い
ので脳に回る酸素濃度が低くなるためという
説があります。

 

大人でも、雨の日や低気圧が近づいてくると
頭痛がする人がいると思いますが、同様の
理由からです。

 

赤ちゃんも気圧の変化で体がだるいといった
ような状況にあるのかもしれません。

 

また、雨が降る音が 母親の胎内の音に似ている
ために、よく眠るといった説もあります。

 

雨の時によく寝るのは比較的 月齢の小さい
赤ちゃん
に当てはまる傾向といえます。
 
梅雨に赤ちゃんが機嫌が悪い時の対策!
 

 

梅雨時の赤ちゃんが寝てくれないのはぜ?

雨でよく眠る赤ちゃんもいますが、月齢や
個人差もとても大きく、梅雨時は寝てくれず
に愚図りがちになる赤ちゃんもいます。

 

外での散歩などが日課になっている場合、
雨で外に出られないことが続くと、
ストレスが溜まってしまうようです。

 

外に出てストレスやエネルギーを発散すること
で、よい眠りが得られる赤ちゃんもいます。

 

月齢でいえば3~4か月以降の赤ちゃんは、
外に出て散歩などをした方が気分転換になり、
よく眠る傾向にあります。

 

梅雨の晴れ間を利用して散歩したり、雨が
続くときは、 ショッピングモール 児童館
出かけて気分転換するといいでしょう。

 

赤ちゃんが寝てくれないと、ママも寝不足
気味になってしまうため、要注意です。
 
梅雨に体がだるい・眠い人の対策!
 

 

梅雨時の赤ちゃんの散歩や布団、エアコンの注意事項は?

梅雨時は、日々や朝晩の寒暖差
激しい季節です。

肌着は肌触りのさらっとした素材のもの
を選んであげて下さい。

 

また、赤ちゃんは汗をよくかくので、
こまめに着替えをさせたり、肌かけなどで
体温調整をしてあげたりと工夫が必要です。

 

梅雨の晴れ間はなるべく散歩などして、
リフレッシュを心がけることも大切。

 

雨の中でも散歩に出かけるときは、雨が直接
当たらないようにベビーカーや抱っこひもの
上から雨具をかけるなどしましょう。

 

室内は湿気がたまりやすく、放っておくと
カビやダニの発生の原因になります。

晴れているときには換気をする、布団を干す
ようにし、除湿機布団乾燥機なども活用
しましょう。

 

エアコンもシーズン利用の前に一度掃除し、
エアコン自体の乾燥も心がけます。

 

また、冷やしすぎや寝ている赤ちゃんに直接
風があたらないように注意しましょう。

 

季節の変わり目や、低気圧の近づいたときは
大人でも体調を崩しがちです。

 

赤ちゃんは自分の体で天候に対応する力が
未発達ですので、大人以上に注意を払って
あげる必要があるのです。

 

室内で楽しめる遊びやわらべ歌、絵本の読み
聞かせなどをして過ごすことで、 お母さん自身
もリフレッシュしながら過ごしていきましょう。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。