日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

結婚式と赤口の関係!割引きがある?先勝とどっちが良い?

結婚式 赤口

結婚式と赤口の関係!割引きがある?先勝とどっちが良い?プロポーズにも成功し、いざ 結婚式
準備となると、かなり忙しくなりますね。

 

そして、会場や式に呼ぶ人の選定と並び、
頭を悩ませるのが、結婚式の日取りでは
ないでしょうか。

 

六曜で言えば、大安や先勝など、挙式する
のに決められた日はあるのでしょうか?

できれば仏滅や赤口は避けたいという人
も多いかと思います。

 

また、とくにこだわりがなく、できるだけ
費用を抑えられる時期を好んで選ぶという
カップルも多いかもしれませんね。

 

でも、折角の晴れの舞台ですから、極力
吉日を選びたい気持ちは誰もが同じだと
思います。

 

とくに結婚式の日取りは、当人同士が良く
ても、親が気にするポイントの1つです。

 

そこで今回は、結婚式と赤口の関係など
を中心にご紹介しますね!

Sponsored Link

 

そもそも赤口や先勝などの意味は?

結婚式の日取りを決めるときに、
両家の両親が口にすることの多い、先勝
赤口とはそもそも何なのでしょうか?

 

大安ならなんとなく聞いたことがあると
いう方も、赤口については良く知らない
という方も多いかもしれませんね。

 

赤口は「しゃっこう」または「しゃっく」
と読みます。

ちなみに先勝は「せんしょう」「さきがち」
と読みます。

 

これらは 六輝(六曜)と呼ばれる暦の種類の
1つです。

 

赤口や先勝のほかに

「友引(ともびき)」「先負(せんぷ、さきまけ)」
「仏滅(ぶつめつ)」「大安(たいあん)」

があり、計6種類あります。

 

カレンダーにも記載されていることも
多いですよね。

 

順番としては
大安⇒赤口⇒先勝⇒友引⇒先負⇒仏滅
と機械的に並べられています。

 

一般的に 「結婚式は大安が良い」
「葬式は友引を避ける」など、冠婚葬祭
と関連づけて使われることが多いです。

 

 

結婚式の日取り・赤口と先勝ならどっちが良い?

結婚式の日取りとして人気なのは
もちろん 大安です。

 

ただし、希望する時期の大安の日に
予約が取れない場合、赤口と先勝
ならどちらが良いのでしょうか?

 

結婚などの祝いごとは、大安が一番良い
とされ、次いで友引先勝 吉日
されてきました。

 

逆に赤口先負、さらに仏滅凶日
として避けられる傾向にあります。

つまり、断然先勝の方が良いという
考え方の人が多いということになります。

 

結婚式場は赤口の割引きがあるって本当?

こうした風習があるからこそ、凶日に式を
挙げるカップルも少なく、式場側も 料金
を安く設定しているところが多いです。

 

ただし、春や秋といったハイシーズン
には 割引き自体がなかったり、割引き額
の幅も変わってくるようです。

 

さらに、そういった割引きを出していても
相変わらず 大安人気は健在ですよね。

 

大安の日の結婚式は、前後に別の披露宴が
控えているため、料理の出てくるスピードが
速かったり、全体的に急かされる感じ
ありますね。

 

一方、赤口などの凶日の式は、比較的
ゆったりと行うことができるという利点
もあります。

 

また、赤口といった凶日に式を挙げても
「あとは良くなるばかり」とポジティブに
考えることもできそうですよね。
 
ジューンブライドの意味と由来!
 

 

結婚式の招待状・投函日は赤口でも良いの?

招待状の投函は遅くとも、当日の約2~3ヶ月
前迄にするのが良いとされています。

 

この投函日にもこの六曜を意識しなければ
ならないのでしょうか?

赤口に出すのは一般的にはまずいとされて
いるのでしょうか?

 

やはり、その多くは大安の日の投函を
奨められると思います。

そして、赤口は避けた方が良いと
言えるでしょう。

 

当人同士が気にしていなくても、
受け取る方がそういう日柄を気にされる
方も多いので・・・。

 

こうした六曜の考え方は 科学的根拠
全くないため、気にしない方も増えて
きていると言えます。

 

ただし、結婚式は二人のために開くもの
ではありますが、招待する皆様から祝福
されるものでもあります。

 

招待する皆様に対する配慮もあると、
より良い式となるでしょう。

 

もちろん、そのために二人の想いを
犠牲にする必要もありません。

二人が幸せになることが式に出席させる
全ての方にとって 一番の喜びですからね。

 

そこは新郎新婦になる二人がよく考えて
決断することですね。

少しでも参考になれば幸いです。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。