日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

蛾の鱗粉の意味!アレルギー症状やかぶれ、かゆみの原因に!

蛾 鱗粉

蛾の鱗粉の意味!アレルギー症状やかぶれ、かゆみの原因に!蛾の羽には 鱗粉という粉がついています。

これは蝶の羽にもあるのですが、見た目の悪さからか、
どうしても蛾の鱗粉にはがありそうで、触ると
かぶれたり、かゆみが出たりするすると思いますよね。

 

しかし、あの粉は一体何の意味があるのでしょうか?

そして、本当に毒があってアレルギーなどの原因
となるのでしょうか?

 

そこで今回は、本当に蛾の鱗粉には毒があるのか、
アレルギーに繋がるのか
、などについてご紹介します。

Sponsored Link

 

蛾の鱗粉の意味は?

そもそも蛾の羽にはなぜ鱗粉があるのでしょうか。

 

鱗粉にはを弾いたり、空気抵抗を下げたりして
飛びやすくするという大切な役割があります。

 

さらに色を反射して 異性にアピールしたり、
敵から隠れるために利用したりと、実は色々な
ことに使われています。

 

蛾の鱗粉には毒があると思われていますが、
実は毒があるのは数種類だけなんです。

毒を持つ蛾は、種類の割合では日本の蛾全体の
1%にも満たないと言われています。

 

ただし、 ドクガ チャドクガなどは人里に多く
生息しているので、注意が必要です。

 

 

蛾の鱗粉はアレルギーの原因になる?

毒がある種類は少ないといっても、鱗粉によって
アレルギー症状を引き起こすことがあります。

 

これは毒がない種類の蛾や蝶の鱗粉でも
同様のことが言えるんです。

 

アレルギーといえば花粉が思い浮かぶと思いますが、
鱗粉は花粉よりも大きな粒子です。

そして、虫の体の成分よりも鱗粉の成分に対する
アレルギー反応が起こりやすいので、とくに羽に
触るのは要注意です。

 

特にこの大きさの粒子だと、アレルギー性鼻炎
原因になることがあるので、万が一羽を触った後は
すぐに手を洗うようにしましょう。

 

また、吸い込んだりしてもアレルギー反応を起こすこと
があるので、顔を近づけたりするのもやめておきましょう。

 

 

蛾の鱗粉でかぶれやかゆみを起こすの?

チャドクガの羽に触ると かゆみ かぶれを起こす
ことがあると言われています。

 

実はこれは鱗粉のせいではなく、鱗粉のように見える
ごく小さな針に刺されることによってかゆみを伴う発疹
全身にできるのです。

 

肌に黄色い鱗粉のようなものがついたときには、絶対に
こすらず、 テープなどで剥がすように取り除きましょう。

 

マイマイガの鱗粉でもかゆみが起こる可能性があります。

これは数年前から問題になっていたことですが、
駆除をした時に目のかゆみや肌のかぶれを引き起こす
ことが指摘されているのです。

 

蛾の鱗粉が肌についたり、とくに目に入ったりすると
かゆくなったり、目の周りがかぶれを起こして
ひどい顔になることもあるのです。

 

庭にいた時などは、長袖の服を着て、マスクゴーグル
を着用するなどして、肌の露出をなるべく避けて駆除
するようにしましょう。

 

 

いかがでしたか?

蛾の鱗粉は人間にとって色々な害をもたらすことも
ありますし、 の場合も無いとは言い切れません。

 

アレルギーでもかぶれでも、なにか少しでも異変が
起こったときには、すぐに皮膚科や眼科など、症状
に合わせた専門医に診てもらいましょう。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。