日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

茶摘みの時期!静岡・京都宇治・福岡八女の一番茶はいつ?

茶摘み 時期

茶摘みの時期!静岡・京都宇治・福岡八女の一番茶はいつ?皆さん、最近 お茶飲んでいますか?

日本茶、緑茶などと呼ばれて親しまれていますが、
コーヒーや紅茶でティータイムという方も多い
のではないでしょうか?

 

でも日本に昔から伝わる美味しい緑茶

蒸し方、摘み取る時期などで味わい・香りなどが
幅広く楽しめるので、日本人に生まれたからには
もっと味わわないともったいない!

 

そこで今回は、お茶の時間が
楽しくなるような豆知識をお届けします。

 

日本の代表的なお茶の産地、静岡・京都宇治・
福岡八女での茶摘みの時期
をご紹介します。

Sponsored Link

 

茶摘の時期・静岡は?

宇治茶と並んで 日本二大銘茶と呼ばれたり、埼玉県狭山市
の狭山茶も加えて 日本三大銘茶と呼ばれる静岡茶。

 

関東圏の方には、お茶といえば静岡!という
イメージが定着しているかもしれませんね。

 

それもそのはず、静岡県牧之原台地とその周辺地域
で生産されている静岡茶は国内一位の生産量
誇っているのです。

 

ただし、静岡で取れるお茶の種類(ブランド)は
静岡茶だけにとどまらず、他にも 川根茶、掛川茶、
本山茶、天城茶
など、産地によって様々あるんですよ。

 

その茶摘みの時期ですが、その年最初に出た新芽を摘む
一番茶、その次に出てきた芽を摘み取る二番茶
その後の三番茶以降と、時期が分かれています。

 

静岡では三番茶まで摘採されています。

 

一番茶:4月中旬~5月中旬
二番茶:6月下旬~7月上旬
三番茶:7月中旬~8月上旬

 

ちなみに日本全国のお茶の産地では、 茶摘み体験
出来る所が何箇所もあるのですが、静岡ではその
期間が非常に長く設けられている場所が多いです。

 

家族連れで一度体験してみるのも良いかと思います。
 
八十八夜と茶摘みの関係は?
 

 

茶摘みの時期・宇治は?

さて、続いて日本茶の中でも 高級なお茶の代名詞
とも言われる宇治茶の生産地、京都府宇治市周辺
の茶摘みの時期はどうなのでしょうか?

 

正確には宇治茶の主産地は京都府南部地域なのですが、
この宇治地域の場合は、二番茶までの収穫になって
いるのが一般的です。

 

一番茶:4月下旬~5月下旬
二番茶:6月~7月下旬

 

静岡に比べ少し遅めになります。

 

宇治でも茶摘み体験を行っている施設はありますが、
ほとんどがGW中、もしくは5月中などと、静岡に
比べて短期間となっています。

 

しかし宇治茶葉で 天ぷらを作る体験や茶摘み衣装の
貸し出し
などをオプションで体験出来る企画もある
ので、とても楽しめるのではないでしょうか?

 

また静岡と違い、宇治地方の茶畑の面積はそれほど
広くありません。

したがって、現在「宇治茶」として販売されている
ものは京都・奈良・滋賀・三重で生産されたお茶を
京都府内で仕上げ加工されたものを広く宇治茶として
販売しているようです。

 

茶摘みの時期・八女は?

さて、最後に紹介するのは 福岡県八女地方です。

 

福岡県八女市、筑後川流域から矢部川流域の八女地方
を中心として生産されている八女茶の生産量は日本国
内第6位となっています。

 

この八女での茶摘みは、静岡同様三番茶までの
摘採
を行っています。

 

一番茶:4月下旬~5月中旬
二番茶:6月中旬~7月上旬
三番茶:7月中旬~7月下旬

 

静岡や京都宇治に比べると、それぞれの茶摘みの
期間が短いのが特徴ですね。

 

山間部で生産されるものは 玉露が多く、
平地では煎茶が多いとされています。
 
全国の新茶の時期は?
 

 

★それぞれの味わい…

静岡、宇治、八女と3つの産地の茶摘みの時期をお伝え
してきましたが、最後にそれぞれの お茶の味わいの特徴
を紹介させて頂きますね。

是非お茶選びの参考にされてください。

 

●静岡茶
薫り高く、渋みが強い。

 

●宇治茶
初めに渋み、次に甘みが来て最後には清々しい
すっきりした後味に変化。

一口で何度も楽しめる立体感のある味。

 

●八女茶
甘みやコクが強く、うまみ成分のアミノ酸類が
多く含まれる。

 

もちろん同じ茶葉でも蒸し具合や、加工方法によって
味わいが変わってきますが、基本的なお茶の特徴は
上に挙げた様な感じです。

 

是非季節の和菓子などと一緒に楽しみたいですね。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。