日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

紫外線対策の日傘の効果!色は白、黒?曇りや反射も要注意!

紫外線 日傘 効果

紫外線対策の日傘の効果!色は白、黒?曇りや反射も要注意!天気が良くて真っ青な空真っ白な雲
広がっていると、なんだか気分も明るくなりますね。

 

気持ちのいい風も吹いている…。

これは絶好のお出かけ日和!
 

「さあ、出かけよう!」と思っても、
そんな時期に一番ついて回るのが 紫外線

私達の頭の上から降ってくる紫外線からは、
どう頑張っても逃げられませんよね。

 

となると、この時期の必需品はやっぱり日傘

有害な太陽光線から大切な肌を守ってくれる
心強い味方ですよね。

 

そこで今回は、いろんな状況下での日傘の効果についてご紹介します。

Sponsored Link

 

紫外線対策の日傘・色で効果が違う?

日傘を選ぶ時、何を基準に選んでいますか?

色、デザイン、生地など、外したくない要素は
沢山ありますが、ものによって効果はまちまちです。

 

まずは色ですが、 白などの淡い色 黒などの濃い色だと
どちらがより紫外線を防いでくれるのでしょうか。

 

正解は黒です。

 

白い日傘は光を反射させて紫外線をカットし、
黒い日傘は光を吸収してカットします。

同じ日傘でも色で遮断するシステムが全く違うのです。

 

どちらも100%防いでくれるわけではありませんが、
光を反射させてカットするよりも、吸収してカット
させた方が防いでくれる割合が高いのです。

 

つまり淡い色の日傘よりも、濃い色の日傘の方が
紫外線対策として効果が高いのです。
 
紫外線アレルギーの原因と症状!
 

 

紫外線対策の日傘・曇りの日も効果があるの?

最近では、 「曇りの日だって紫外線が強い!」
言われて、日差しが眩しい時期になると、
曇った日でも日傘を差してる人を見かけますね。

 

それでも「曇ってるのに傘って…」という
人の目も気になるわけで…。

そこは悩みどころですが、実際曇りの日でも
紫外線は遠慮なく降り続いていますよね。

 

快晴の日を100%だと考えて紫外線の量を比べると、
薄曇りで90%、曇りで60%、雨の日でも30%程度は
降り注いでいるのです。

 

とくに薄曇りの日は注意が必要で、雲の切れ間から
日が差すので、その雲に紫外線が 乱反射して
晴れの日よりもその量が多くなるとも言われています。

10%減のはずが、逆に増えていたりするんですね。

 

「曇っているから…」と油断するのは超危険!

そうなると、雨の日にも使え、日傘としても使える
兼用の傘は強い味方となります。
 
日焼けと皮膚ガンの関係!子供や赤ちゃんのリスクも!
 

 

反射や照り返しには別の対策が必要!

紫外線対策を考える時、忘れてはならないのが
地面からの反射や照り返し。

空からだけでなく地面からも攻撃してくる
のだから厄介ですよね。

 

もちろん都会などではビルの窓ガラスなどの反射
によって、 横からの攻撃もありますね。

実際、上、下、横から攻められて逃げ場がありません。

 

そんな時の味方はなんと言っても 日焼け止めクリーム

日焼け止めクリームには、白の日傘のような紫外線を
反射する成分と、黒の日傘のように紫外線を吸収する成分
と両方が含まれているので、ダブルで守ってくれるのです。

 

吸収するといっても、薄く塗ったクリーム内のみでの
吸収ですから、肌へ浸透することはありません。

 
日焼け止めを塗る順番!化粧水、乳液…。

 
お肌の事を考えると出かけるのが億劫になって
しまいそうですが、今は日傘もクリームも多種多様な
対策グッズが販売されています。

 

日焼け止めクリームを塗り、黒地でUVカット仕様の
日傘
を持って、思い切ってお出かけしましょう。

 

気持ちよく晴れた日、家に篭っちゃうのは
勿体ないですからね!

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。