日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

沈丁花の名前の由来と花言葉・「栄光」「不死」「不滅」「永遠」!

沈丁花 花言葉

沈丁花の名前の由来と花言葉・「栄光」「不死」「不滅」「永遠」!歌の歌詞にも割と出てきたりする 沈丁花ですが、
その香りで春の訪れを知らせてくれる事で有名な
白い花です。

 

とても良い香りで香水などにもこの花の香りは
使われています。

 

でも、 具体的にどんな花なの?と聞かれて、
答えられる人は少ないのではないでしょうか。

春先になると良い香りがしてくるけれど、
花をじっくり見た事のない方も多いことでしょう。

 

そこで、今日は沈丁花の花言葉や名前の由来に焦点を当ててご紹介します。

Sponsored Link

 

沈丁花の名前の由来

とても良い香りがするので、香料として有名な 「沈香」
スパイスとして知られている 「丁字(クローブ)」から
その名前が付けられたと言われています。

 

また英語での名前は「Daphne(ダフネ)」ですが、
ギリシャ神話に登場する女神の名からとったと言う説と、
花の形が 月桂樹に似ている事から、ギリシャ語で月桂樹の
意味を持つ「Daphne」と付けたと言う説があります。

 

 

沈丁花の花言葉

続いて沈丁花が持つ花言葉を紹介しましょう。

「栄光」「不死」「不滅」「永遠」「歓楽」

の5つです。

 

このうち不死・不滅・永遠は沈丁花が一年中
葉をつける常緑樹だというところから来ています。

 

また、栄光と陥落は、英名の由来でもあるギリシャ神話の
ダフネを愛した アポロンから連想されて付けられています。

 

ちなみに英語での花言葉は「glory(栄光)」
「immortality(不死、不滅)」の2つです。

 

 

沈丁花の特徴

沈丁花は ジンチョウゲ科ジンチョウゲ属のお花。

瑞香(ずいこう)輪丁(りんちょう)などとも
呼ばれる事があります。

 

常緑低木=つまり木の仲間として分類されています。

主な花の色はピンクや白、黄色があります。

 

日本でよく見られるのはウスイロジンチョウゲや
シロバナジンチョウゲ、フクリンジンチョウゲなど
の品種です。

 

開花時期は2~4月になりますが、
お店によく出回るのは3~4月頃です。

 

原産地は 中国なのですが、日本国内でも室町幕府の
頃から栽培されていたとか。

 

花を煎じた汁は、昔から口内炎や歯痛によく効く薬
として使われてきました。

また、赤く丸い実をつけますが、
毒があるとされています。

 

 

さて、春の訪れを感じさせてくれる沈丁花、間も無く
花の香りを漂わせてくれるのではないでしょうか?

 

金木犀やクチナシと共に三香木(とても良い香りのする木)
の1つとされる沈丁花の香りを楽しみながら、春を過ごす
のも良いですね。

 

早い所では2月頃から沈丁花の香りが楽しめそうですよ。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。