日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

鯉のぼりを飾る時期はいつからいつまで?関東と関西では?

鯉のぼり いつから いつまで

鯉のぼりを飾る時期はいつからいつまで?関東と関西では? 屋根よ~り~ た~か~い~ 鯉の~ぼぉ~り~
歌われる鯉のぼりの歌。

 

今年初節句を迎える赤ちゃんが居るお家などでは
「鯉のぼりって、いつからいつまで飾るものなのかしら?」
と気にされている方も多いかと思います。

 

毎年鯉のぼりを出している方も、正確にその時期を
知らずに 「周りでちらほら見かけるからそろそろ…」
といった感じの人も…。

 

大体の感覚であげる時期を決め、こどもの日が終わったら
しまうというお家も多いことでしょう。

 

もしかしたら関東関西でも違いがあるのでしょうか?

 

折角の子どもの成長を祈る大切な行事ですから、
飾る時期や収納方法のコツなども知っておきたい
ものですね。

 

そこで今回は、鯉のぼりを飾る時期や収納方法などの情報をご紹介します!

Sponsored Link

 

鯉のぼりを飾るのはいつからいつまで?

まずは鯉のぼりを飾る時期ですが、
いつから飾るという正確に定められている日は
無いようです。

 

日本で最も多いのは、4月に入った初めの 大安の日に飾り、
5月のこどもの日が終わって 最初の大安にしまうという家庭です。

でも実は、大安にこだわらなくても大丈夫みたいです。

 

ちなみに、春分の日辺りから飾り始めても良いそうで、
遅くても4月29日の「昭和の日」までには飾っておくと
良いそうです。

 

一方、いつまでにしまうというのも、
正確に何日とは決められていません。

梅雨入り前の不安定な天気になる前、
5月中旬位までを目安にしまうと良いでしょう。

 

飾る日もしまう日も同様に、 お天気の良い日を選ぶと
鯉のぼりがいつまでも綺麗に保存できますね。

大安にあまりこだわり過ぎずに、各ご家庭で決めて
いけば良いのではないでしょうか。

 

一応参考までに2015年の4月と5月の大安を調べてみました。

4月:4日、10日、16日、21日、27日
5月:3日、9日、15日、19日、25日

 
鯉のぼりの洗濯・金箔付きは?クリーニングでも?
 

 

鯉のぼりを飾る時期・関東と関西では?

ところで、 関東 関西では、鯉のぼりを
飾る時期が違うことをご存知でしたか?

 

関東は、大体3月20日の春分の日頃から5月5日までで、
関西では、ひな祭りの終わる4月3日~6月5日まで

が目安とされているのです。

 

なぜ関西が1ヶ月遅れかと言うと、理由は簡単で、
旧暦に基づいてお祝いするからなのです。

今でも一部地域では、ひな祭りは4月3日に
行われていますからね…。
 
鯉のぼりの意味と由来!色の違い、吹流し、矢車
 

 

鯉のぼりの収納方法は?

さて外に1ヶ月以上も飾っておく鯉のぼりですから、
しまう時には洗ってからの方が衛生的に良いですね。

安い買い物ではありませんし、
大切に末長く使いたいものですからね。

 

洗い方はもちろん 手洗いです。

デリケートな物なので、洗濯機に入れて
グルグルしないように気を付けましょう。

 

金箔などが付いている場合、そこの部分は
もみ洗いや絞ったりはしないで下さいね。

浴槽に中性洗剤と水を入れて、 浸け置き洗い
すると良いですよ♪

 

こうして洗い終えたら、よく干して、
完全に乾かしてからしまいましょう。

 

収納のポイントですが、必ず 湿気の少ない所
収納するようにしてください。

乾燥剤などを一緒に入れておくのも良いですね。

 

滑車などの金具部分には油をさしてからしまうと
錆びずに綺麗に保存しておけますよ。

 
 

出すのも大掛かり、しまうのも手間が掛かる
鯉のぼりですが、子供の立身出世と健康を願う
大切な飾り
です。

 

小さなお子様の居るご家庭では、ぜひ毎年空高く
泳がせてあげてくださいね。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。