日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

赤ちゃんの春の服装・3、4、5ヶ月!寝るとき、外出するときは?

赤ちゃん 春 服装

赤ちゃんの春の服装・3、4、5ヶ月!寝るとき、外出するときは?暖かくなってきたら、 赤ちゃんと一緒に
外へ出かけたいなと思っているママさんも
多いことでしょう。

 

ですが、春先はまだまだ日々の寒暖の差や、
夕方の冷え込みなどが気になりますね。

 

大人でも体調を崩しやすい季節の変わり目、
赤ちゃんにはどんな服装をさせたらいいのか
悩んでしまいます。

 

そこで今回は、生後3ヶ月、4ヶ月、5ヶ月の
赤ちゃんの春の服装
についてご紹介します!

Sponsored Link

 

赤ちゃんの春の服装・基本は?

赤ちゃんは大人よりも 代謝が盛んで、
体温も大人より高いので、大人より1枚少ない
くらいでちょうどいいと言われています。

 

冬場であれば、 肌着(コンビ肌着・ボディスーツなど)
厚手のアウター(ロンパースやカバーオールなど)
着せていたと思いますよね。

 

そこで、春先になったら、アウターは春物使用の薄手の物
切り替えてあげましょう。

寒い冬には肌着を重ね着させることもありますが、
春になってからは日中は1枚でいいでしょう。

 

すべての季節を通してですが、赤ちゃんは
足や手で体温調節をしています。

手足が冷たくなると心配ですが、室内では
靴下などは履かずに裸足で過ごします。

 

手足が冷たくて心配なときには、お母さんの手で
少し マッサージをしてあげると血行が良くなり
温かくなります。

 

また、裸足で過ごすことで、足の裏の神経で
いろんな物を感じ取れるようになるとも
言われています。
 
赤ちゃんの春の散歩!効果や時間帯、服装は?
 

 

赤ちゃんの春の服装・寝るときは?

寝るときは、布団をかけるので、
日中より薄着で問題ありません。

肌着とカバーオール1枚を重ね着させて、
布団をかけてあげましょう。

 

3ヶ月、4ヶ月、5ヶ月くらいの赤ちゃんは、
布団を蹴ってしまうことも多いので、心配なときは
綿素材のスリーパーや、ベストを着せてもいいでしょう。

 

また、赤ちゃんは寝ているときにたくさん汗をかきます。

着せすぎ、布団のかけすぎは寝汗による
冷えの原因になるので注意しましょう。

 

もし夜の授乳のタイミングで汗をかいている
ようであれば、一度着替えをさせましょう。

汗をかいたままにすると、皮膚トラブルの原因になります。
 
赤ちゃんの春の布団!枚数や選び方・蹴る時の対策は?
 

 

赤ちゃんの春の服装・外出するときは?

3~5ヶ月くらいの赤ちゃんと外出する場合には、
抱っこひも ベビーカーに乗せてお出かけする
ことになると思います。

 

基本は外出時も部屋着と同じように、
肌着とアウター1枚で大丈夫です。

外出時は、必要に応じて靴下を履かせましょう。

 

ベビーカーに乗せるときは、肌かけを
1枚かけてあげるようにします。

風が強い時や冷え込んでいるときには、
露出を少なくするように心がけましょう。

 

また、スーパーなどの室内に入った時には、
肌かけを外す、1枚脱がせるなどの工夫も必要です。

 

抱っこひもでお出かけするときは、お母さんに密着
して暑くなるので、部屋着と同じでも問題ありません。

風が強い時などは抱っこひもを肌かけで覆うなどして
冷たい風に当たらないように気を付けたいですね。

 

お出かけの時には、 脱ぎ着のしやすい上着が1枚あると
便利ですが、赤ちゃんにたくさん着せこむのは大変なので、
おくるみバスタオルなどをうまく活用するといいでしょう。

 

寒い冬はこもりきりだった赤ちゃんも、暖かくなって
きたら、ぜひとも外の空気に触れさせてあげましょう。

外に出ると刺激がたくさんあり、赤ちゃんの
脳の発達にも良い影響があるそうです。

 

ただ、季節の変わり目は赤ちゃんにとっても
体調管理が難しい時期です。

暑い寒いという意思表示がまだできないので、
泣いたり愚図ったりしたときの小さなサインを
見逃さないようにしましょう。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。