日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

春うららの意味、語源、由来・俳句の季語にも!似た表現は?

春うらら 意味 由来

春うららの意味、語源、由来・俳句の季語にも!似た表現は?少しずつ寒さがほころび が近づいてくると、
気分もちょっと穏やかに明るくなりますね。

 

♪春のうららの隅田川~から始まる滝廉太郎の
「花」という歌もあり、一度は聞いたことや
口にしたことがあると思います。

 

その「春うらら」という言葉、正しい意味は
ご存知ですか?

なんとなくわかっていても、はっきりと
答えられる人は少ないかもしれませんね。

 

そこで今回は、「春うらら」の意味や語源についてご紹介します。

Sponsored Link

 

春うららの意味とは?

「春うらら」を国語辞典で調べてみると、
春のうららかな様子という意味が出てきます。

 

“うららか”というのは漢字で書くと “麗らかとなります。

その意味は・・・

①空が晴れて、日がやわらかくのどかに照っている様子。
②声などが晴れ晴れとして楽しそうな様子。
③心にわだかまりなくおっとりしている様。

などが出てきます。

 

春うららの場合には、①の意味で使われ、
「春のすっきりと晴れた、やわらかい雰囲気」
を意味しているものです。
 
春爛漫の意味、由来、使い方!
 

 

春うららの語源や由来は?

実は、「春うらら」は 「春うらうら」という
言葉が語源になっています。

 

“うらうら”というのは・・・

①太陽が明るくのどかに照る様子
②心が穏やかでのどかな様

という意味があります。

 

この“うらうら”というのは江戸時代の語学書
『言元梯(げんげんてい)』によれば、ゆらゆら(寛々)
という言葉から派生していることに由来します。

 

ちなみに、“ゆらゆら”とは 悠々と ゆったりとしている
といった意味です。

 

また、平安時代までさかのぼると、“うら”という言葉は
という意味で使われており、派生語の“うらもなし”は
屈託のない・のどかであるといった意味で、和歌などに
使用されていました。

 

それが由来して、うらうら・ゆらゆらといった言葉が
生まれたという説もあります。
 
朧月夜の意味・語源・由来・使う時期!
 

 

春うららに似た表現は?

では、「春うらら」と同じような意味をもつ表現は
他にあるかというと、「小春日和」などがそれに
あたるでしょう。

 

ただし、小春日和は、晩秋から初冬にかけての合間の
穏やかで過ごしやすい気候を指す言葉です。

秋に使われる言葉ですので、これから春にかけて
使用する言葉ではありませんが、言葉の持つ
意味合いは似ています。

 

ちなみに、“小春”というのは 旧暦の10月を表す言葉です。
小春日和の意味と由来・いつ頃使う?
 
 
また、春うららを二字熟語で「春麗」といいます。

うららかは漢字で麗らかですね。

春ののどかな様子を表す熟語です。

 

“麗”というのは端麗などといった言葉にも
使われるように、美しさを表す感じです。

春という季節の美しさを表す言葉になります。

 

俳句の季語などとしてもよく使われる「春うらら」。

春になって気持ちがいいな、おだやかだなと
思うことがあればぜひ使ってみてください。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。