日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

わらびの保存方法!塩漬けや乾燥、冷蔵、冷凍でのコツは?

わらび 保存

わらびの保存方法!塩漬けや乾燥、冷蔵、冷凍でのコツは?暖かい季節の訪れが待ち遠しいこの時期に、
春を告げるニュースでよく見かけるのは山菜ですね。

 

実は、春の山菜の中で「若返りのビタミン」
呼ばれているのが、 わらびです。

わらびは、生活習慣病や老化防止にも
良いとされています。

 

ただ、たくさん採取しても余ってしまって
捨てることになっては勿体無いですね。

 

そこで今回は、わらびの保存について紹介したいと思います!

Sponsored Link

 

わらびは保存前にアク抜きを!

わらびの保存方法は色々ありますが、生のままだと
毒性がありますので、 アク抜きをしなくてはなりません。

 

お湯を沸かして火を止めてから、
わらびをまんべんなくお湯に浸して
椿の葉を入れて蓋をして一晩置きます。

椿の葉は、わらび一掴みに2~3枚くらいで良いです。

 

一晩置いたら、流水でアクを洗い流します。

重曹や灰でのアク抜きは、わらびが黒ずんだりしますが、
椿の葉でアク抜きするととても良い色合いで仕上がります。

 

尚、アクを抜いたわらびは
通常2~3日で使い切るのが基本です。
 
わらびの美味しい食べ方!
 

 

わらびの保存・塩漬けにする!

塩漬け保存は、アク抜き前でも後でも
どちらでも出来る方法で長期保存が可能です。

アク抜き前でも塩でアクが抜けますので、
簡単にできるが嬉しいですね。

 

方法はとても簡単で、わらび全体が覆い被さるように
塩をたっぷり使って漬け込みます。

重しを乗せる方もいらっしゃいますが、
竹の葉をわらびの上に敷き詰める方が
殺菌作用もありますので保存には効果的です。

 

塩で漬け込むだけでも、雑菌の侵入は防げますが、
竹の葉で完全密封がお勧めです。

 

一晩寝かせると水分が出てきますが、
そのまま塩を足し、空気に接しないようにして
さらに竹の葉を敷きます。

 

塩漬けでの保存は常温で出来ますし、
半年~1年位は十分持たせることが可能です。

 

わらびを使う際に 塩抜きをしますが、
ただ水に浸けておくだけなので、非常に簡単です。

その際に、何回か水を換えた方が塩抜きは速くなります。

 

 

わらびの保存・乾燥させる!

乾燥保存する場合は、アク抜きをしてから、
大きめのザルやゴザに広げて、 天日干しにします。

雨の日は家の中に入れてください。

 

時々で良いので、上側と下側をひっくり返すように
入れ替えて数日干すと紐の様に縮んできます。

 

まだ太さがある場合は水分が残っているので
両手でわらびを揉んでこすり合わせます。

手でよく揉むことでわらびが柔らかくなってきます。

 

完全に干し上がると、葉の部分は外れますが、
葉の部分は食べないので、先に切り取っておいても
問題はありません。

 

乾燥わらびを使う時は水に戻してから使います。

尚、乾燥わらびは袋や瓶に詰め、乾燥剤を入れると
翌年春まで持たせることが出来ます。

 
わらびの栄養と効能!
 

 

わらびの保存・冷蔵や冷凍

冷蔵保存は、ポリ袋等にまたは5%程度の塩水を入れ、
アク抜きしたわらびを入れ、中の空気を抜いてから
口を密閉して保存します。

 

保存可能期間は1週間程度です。

タッパー等に水を入れての保存も出来ますが、
毎日水を替えて保存してください。

 

冷凍の場合は、水分が抜けてわらび自体の繊維組織
壊れる為、ちょっとしたコツが必要です。

 

アク抜きをしたわらびをさっと水洗いし、
そのまま冷凍します。
(※この時には袋に空気は入ったまま)

 

そのまま冷凍を続けても長持ちはしないので、
いったん冷凍した物を バキュームシーラー
空気を抜いて密封する必要があります。

要は、真空にしてあげるのです。

 

そうすることで、冷凍焼けもせずに長期保存が効き、
次のわらびのシーズンまで楽しむことができますよ。

 

 

いかがでしたか?

わらびは一度にたくさん食べると
体調を壊しやすいそうです。

 

ですが、身体に良いとされる ビタミンEやK、
葉酸、食物繊維
を摂取することが出来ますよ。

健康の為にも、春の味覚である
わらびを楽しんでみてはいかがでしょうか?

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。