日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

たけのこの栄養と効能、カロリー!妊婦さんは食べ過ぎに注意!?

たけのこ 栄養 効能

たけのこの栄養と効能、カロリー!妊婦さんは食べ過ぎに注意!?春が旬となっている日本独特のおいしいものって
たくさんありますよね。

たけのこもその1つです。

 

炊き込みご飯や土佐煮、天ぷらなど、様々な料理に
登場しますが、たけのこの栄養成分
どのようなものがあるかご存じですか?

 

そこで今回は、たけのこの栄養と効能、カロリーについてご紹介します!

Sponsored Link

 

たけのこの栄養と効能

たけのこに含まれる栄養成分で注目しておきたいのは、
カリウム、食物繊維、そしてチロシンです。

 

チロシンというのはアミノ酸の一種で、
たけのこのあの独特な味わいの元となっています。

 

チロシンは必須アミノ酸ではありませんが、
神経の伝達にかかわる物質をつくったり、
甲状腺ホルモンの原料にもなる栄養素です。

 

また、 食物繊維の含有量が多いですね。

食物繊維はダイエットや生活習慣病の予防にも
ぜひ摂っておきたい栄養素です。

 

そしてカリウムには、体の余計な塩分
排出する働きがあるので、むくみ防止や
高血圧の予防に役立ちます。

 

 

たけのこのカロリーは?

たけのこのカロリーは100g26kcalです。

Mサイズのたけのこがだいたい400gくらいなので
1個あたりにすると104kcal程度ということになります。

 

カロリーは低いですので、ダイエット中の
方でも安心して食べられますね。

 

もちろん、調理方法によってカロリーは変わってきます。

土佐煮の場合、100gで約57kcal。

天ぷらは100gで148kcal、たけのこご飯は153kcalです。

 

たけのこご飯のカロリーが高く感じますが、
普通の白いご飯は100g168kcalです。

たけのこご飯のほうが、お米の量が減って
少し低カロリーになります。

 
たけのこのアク抜き・米のとぎ汁や重曹を使って!
 

 

たけのこの栄養・妊婦さんに良い?

妊婦さんは、積極的に摂ったほうがよい食材と
避けたほうが良い食材がありますが、
たけのこはどうなんでしょうか?

 

実はたけのこは、妊娠中期(だいたい4ヶ月から7ヶ月)
におすすめの食材です。

それは、さきほどご紹介したチロシンに理由があります。

 

チロシンは神経伝達物質の原料になりますので、
赤ちゃんの成長に役立ちます。

 

「たけのこは妊娠中に良くない」
という人もいるかもしれませんが、それは
たけのこのアクのせいではないかと思います。

 

しっかりアク抜きしたたけのこを
適量食べるようにしたいですね。

 

他の食材の場合も、「妊娠中に良い」と
言われているものでも食べ過ぎには注意して下さい。

 

たけのこを食べ過ぎると?

旬でおいしいからと言っても、
食べ過ぎには要注意です。

なんでも偏って摂取するのはよくないですが、
たけのこを食べ過ぎるとどうなってしまうのでしょうか?

 

実はたけのこを食べ過ぎると、 吹き出物ができたり、
アレルギーのような症状が出ることがあるんです。

これは、コリンノイリンという成分の影響です。

 

また、食物繊維が多いので、胃の弱い人が
食べ過ぎてしまうと、消化不良を起こしてしまうこと
もありますので、ご注意ください。

 

特に根っこの固いところは繊維が多いので
気をつけてくださいね。

 

何事も、ほどほどにしておくのが一番ですね。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。