日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

ヒヤシンスの花言葉と名前の由来!赤・白・青・黄・ピンク・紫!

ヒヤシンス 花言葉

ヒヤシンスの花言葉と名前の由来!赤・白・青・黄・ピンク・紫!花にもいろいろな種類がありますが、その中でも、
色鮮やかで美しく、多くの人を魅了している ヒヤシンス

 

普段何気なく見ている花だと思いますが、
ヒヤシンスという名前の由来や花言葉の
意味などをご存知ですか?

 

この花の名前、そして、花言葉の由来を知ると、
次に見たときに、今までとは違った見方が
できるかもしれませんよ。

 

では、早速見てみましょう!

Sponsored Link

 

ヒヤシンスの名前と由来

花の名前の多くは、古代 ギリシャ神話に由来する
ものが多いようですが、ヒヤシンスも例外ではありません。

 

ヒヤシンスの名前は、ギリシャ神話に出てくる
ヒュアキントスという美少年の名前から
きているといわれています。

 

ヒュアキントスはとても美しい人物で、
太陽神アポロンから愛されていました。

と同時に、西風の神ゼフィロスからも愛されていたのです。

 

ある日、ヒュアキントスは、アポロンとともに
円盤投げを楽しんでいたようです。

その姿を見て嫉妬したゼフィロスは
強い風を吹かせ、邪魔しようとしました。

 

その風により、飛ぶ方角が大きく変わってしまった
円盤は、ヒュアキントスに当たってしまい、
彼は死んでしまいました。

 

その時に流れた血から 紫色の花
そう、ヒヤシンスが咲き出たと語り継がれているのです。
 
ヒヤシンスの育て方・水栽培のコツは?
 

 

ヒヤシンスの花言葉と由来

ヒヤシンスは、様々な色があり、その色ごとに
花言葉がありますが、ヒヤシンス全体としては
「スポーツ」「ゲーム」「遊び」「悲しみを超えた愛」
というものになります。

 

最初の3つは、花の名前の由来ともなった
ヒュアキントスとアポロンが楽しく円盤投げを
していたというところからついたものでしょう。

 

アポロンにとってはヒュアキントスとの円盤投げの
時間は本当に楽しい時間だったのでしょう。

その彼との楽しかった思い出が、
「スポーツ」「ゲーム」「遊び」という
花言葉の由来と言えるでしょう。

 

それに対し、 「悲しみを超えた愛」は、
ヒュアキントスの死を嘆いたものといえます。

 

いずれにせよ、ヒヤシンスの花言葉の意味には
アポロンがヒュアキントスに対し抱いていた
愛情の表れがうかがえます。
 
ヒヤシンスの育て方・プランターでも!
 

 

ヒヤシンスの色別の花言葉

ヒヤシンスは、色鮮やかな花ですが、
それぞれの色に花言葉があります。

 

青:「変わらぬ愛」
黄:「あなたとなら幸せ」
白:「心静かな愛」「控えめな愛らしさ」
ピンク:「スポーツ」「ゲーム」「しとやかなかわいらしさ」
赤:「嫉妬」
紫:「悲しみ」「悲哀」「初恋のひたむきさ」

 

アポロンがヒュアキントスと過ごした楽しかった時間、
そして、ゼフィロスの抱いた嫉妬、
ヒュアキントスを突然失ってしまったアポロンの悲しみ、
それらが、それぞれの色別の花言葉となったようです。

 

好きな人にプレゼントするなら、 青、黄、白
おすすめで、赤は避けておいた方が良さそうですね。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。