日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

スイートピーの育て方!鉢植えやプランターでの栽培方法は?

スイートピー 育て方

スイートピーの育て方!鉢植えやプランターでの栽培方法は?ガーデニングに熱心なお宅の前を通りかかると
きれいに咲いている スイートピーを見かけることが
あります。

 

色とりどりに咲き誇っているさまは
目に楽しいですよね。

 

スイートピーには、 春咲き、夏咲き、冬咲きがあります。

春咲きのものが一番多いとはいえ、
うまく世話をすれば、次々と開花して
長い間花を楽しむことができます。

 

そこで今回は、スイートピーの育て方についてご紹介します。

Sponsored Link

 

スイトピーの育て方の基本

すでに発芽したものが ポットで売られている場合
もありますが、種から育てるのが基本です。

 

植え替えを嫌うので、最初から「そこで咲いて欲しい」
という場所に種をまきます。

 

春咲きの場合は 秋(10月ごろ)に種まきをします。

種は半日くらい吸水させて膨らんだものを使います。

 

日当たりが良く、水はけの良い中性の土を
好みますので、地植えの場合は注意して下さい。

 

鉢植え、プランターの場合は、
赤玉土(小粒) 8:腐葉土 2の割合が基本です。

 

肥料はあらかじめ土に混ぜておき、
花の咲く時期に必要に応じて追加します。

 

 
春になっての成長期には、水やり
欠かさないようにして下さい。

花が咲いた後に豆になってしまうと、
そちらに栄養が取られてしまいます。

 

花の盛りが過ぎたら、順次摘み取ってしまいましょう。

そうすると、同じ株で次々と花を
咲かせることができます。

一年草ですので、咲き終わったらそれでおしまいです。

 

 

スイトピーの育て方・鉢植え

根が深くはりますので、 大き目の鉢を用意して下さい。

地植えと違って動かすことが出来ますから、
1日の間でも出来る限り、日当たりの良い場所へ
適宜移してあげるようにします。

 

種をまく時は、一か所に 2、3個まくようにし、
芽が出てきたら元気なものを残して間引きします。

この時、無理矢理引き抜くと、他の株の根を傷めて
しまうので、間引く株の元を切るようにします。

 

スイトピーの茎は自立しません。

巻きひげを他のものにからませながら伸びていきます。

その習性を利用して鉢を 台座の上に置き、
下へ垂れ下がるように支柱をセットして、
枝垂れ桜ならぬ 「枝垂れスイトピー」にして
楽しむこともできます。

 

丈が20cmくらいに伸びてきたら、
上の部分(目安は5~6節)をつみ取って下さい。

わき芽が伸び、枝の数が増えて花が咲いた時に
見栄えが良くなります。

 

花が咲く時期には、 追加の肥料
2週間に1度はあげるようにして下さい。
 
スイートピーの花言葉は?
 

 

スイトピーの育て方・プランター

どこに植えても、水やりや日当たりに対する
処理は同じです。

一度置いたら動かせないような大きなプランターは
避けたほうがいいでしょう。

 

ポットで買ってきたものを植え込むのであれば
プランターで育てるのに適しています。

 

色を混ぜて植えると咲いた時にきれいですね。

ただし、あまり混みあってしまわないように
注意して、元気な株を残して間引くようにしましょう。

 

プランターの場合は、 園芸用のネット
1つの辺(長方形のプランターなら長い辺)に
沿って立ててやると、自然にからみついて
伸びていきます。

 

ネットから遠い位置になってしまった株は、
長さが充分になってから、ネットに紐で
結びつけてあげるといいでしょう。

 

 
スイトピーは比較的育てやすく、
花が咲くととてもきれいな品種です。

日当たりと水やりに注意すれば、
失敗することはあまりありません。

 

ガーデニングを始めてみたいと思っている方は、
是非挑戦してきれいに咲かせてみて下さい。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。