日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

新入社員歓迎会のお礼メールの例文!上司や先輩に送る際は?

新入社員 歓迎会 お礼メール

新入社員歓迎会のお礼メールの例文!上司や先輩に送る際は?新しい会社で働くのは、誰でも緊張するもの。

とくに 新社会人となった若い人の場合、
初日などは緊張でガチガチになってしまうでしょう。

 

新入社員歓迎会はそんな緊張をほぐしてくれる
格好の場所であり、コミュニケーションを図る場
としても重要ですね。

 

だからこそ、開催してくれた先輩や
ありがたい励ましのお言葉を頂いた上司の方には
お礼メールを送る習慣も根付いているようです。

 

そこで今回は、新入社員歓迎会のお礼メールの例文や
注意事項
などについてご紹介します!

Sponsored Link

 

新入社員歓迎会のお礼メール・注意事項は?

歓迎会の席で、すでに口頭でお礼の気持ちを
述べているのが普通ですが、後から改めて
お礼をしたいと思うこともあるでしょう。

その場合に お礼のメールを送るという方法があります。

 

もちろん決して義務ではなく、任意のものですから、
参加者全員に送る必要はありません。

直属の上司やその上のポジションの方々、幹事役
ぐらいでじゅうぶんでしょう。

 

もちろん、「この人には送りたい」という
先輩の方がいれば別です。

 

送るタイミングにも注意が必要です。

ベストなタイミングは、新入社員歓迎会が終わってすぐ!

実際に顔を合わせてからでは、相手に
「直接話せばいいのに」と思われてしまいます。

 

したがって、事前にお礼メールの下書きをしておき、
歓迎会が終わり次第、速やかに送信するのが
一番自然にお礼の気持ちを伝えられます。

 

 

新入社員歓迎会のお礼メール例文・上司へ(※部長など)

〇〇部長

本日はわたくしたちのためにこのような場を
設けて頂き、ありがとうございました。

 

〇〇部長はじめ、皆様に温かく迎えて頂き、
心から感謝申し上げます。

 

また、会の中で激励の言葉を頂き、
身の引き締まる思いです。

 

一日も早く会社の戦力となれるよう
精進いたします。

 

歓迎会、ほんとうにありがとうございました。

今後ともご指導のほど、宜しくお願いいたします。

 

ポイントとして、 「がんばります」という言葉は、
幼さが感じられてしまうので、「努力」「精進」
といった言葉に置き換えるのが良いでしょう。

 

また、何かひとつ、お礼メールを送る方が話していた
内容
を盛り込むと、ぐっと気持ちをひきつけることが
できるかもしれませんね。

 

心に残った言葉などがあれば、こっそりメモしておいて、
お礼メールで、「あのお話は心に残りました」と書けば、
好感度も上がり、仕事がしやすくなりますね。
 
新入社員歓迎会での自己紹介のコツは?
 

 

新入社員歓迎会のお礼メール例文・先輩へ

〇〇先輩

本日は歓迎会を開いていただき、ありがとうございました。

 

先輩方とお話ができ、仕事に対する姿勢を
学ぶことができました。

 

〇〇先輩を見習い、一日も早く会社に
貢献できるよう励む所存です。

 

今後ともご指導のほど、よろしくお願いします。

 

上司に出すときとは違い、若干崩した文体でも
構いませんが、相手に失礼にならないように
気をつけてください。

「親しき仲にも礼儀あり」です。

 

顔文字や(笑)などは決して使用してはいけません。

大切なのは、感謝の気持ちを伝えることです。

 

回りくどい表現で、何を言いたいのか
分からなくなるよりは、ストレートに 感謝
伝えるのが一番です。

 

「気持ちの良い新入社員だな」と思ってもらえるよう、
自分の気持ちを素直に伝えるようにしましょう。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。