日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

中学校入学祝いの相場・甥や姪、孫、友達の子ヘ贈る場合は?

中学校 入学祝い 相場

中学校入学祝いの相場・甥や姪、孫、友達の子ヘ贈る場合は?春爛漫になってくると、いよいよ 進学シーズンですね。

まだちょっと大きめの制服を着た学生を見ると
初々しい感じがしてきます。

 

中学に進学する子どもがいる場合には、入学する
ことは決まっているので、3月の初旬くらいには
入学祝いなどを贈るようにしましょう。

 

さて、中学校入学祝いの相場はどのくらいなのでしょうか?

Sponsored Link

 

中学校入学祝いの相場・甥や姪に贈る場合

甥、姪にあたる子どもの入学祝いの相場は
5000円~10000円ほどです。

 

本来、入学祝いは進学する子ども宛に贈るものですが、
制服や通学かばん、クラブ活動の道具など、
中学に進学するときには何かと物入りですね。

親としての出費も増えることになるため
親宛に贈ってもいいでしょう。

 

入学祝いというのは、贈る相手が子どもなので
基本的にお祝い返しの習慣はないものとされます。

高額すぎると相手が気兼ねしてしまうこともあり、
設定金額は高すぎないように注意しましょう!

 

 

中学校入学祝いの相場・孫へ贈る場合は?

お孫さんへの入学祝いの金額は
10000円~20000円ほどが相場です。

 

また、お金ではなく、制服を購入してプレゼントしたり、
通学かばんを贈ることもあるようです。

 

物をプレゼントするときには、 祖父母の両家
同じものをプレゼントしてしまわないように、
予め確認しておく方がいいでしょう。
 
入学祝いの相場は?
 

 

中学校入学祝いの相場・友達の子供への場合

中学は義務教育で自動的に進学が決まりますので、
親しい間柄でなければ贈らないということもあります。

 

もし「少しでもお祝いを」ということであれば、
2000~3000円程度が金額の相場のようです。

現金ではなく、 文具券や図書カードなどで
用意することが多いようです。

 

また、文房具やハンカチ、靴下などの品物を
プレゼントするのでもいいでしょう。

 

もし友達からお祝いをもらった場合でも
お返しは基本的には不要ですが、相手にお子さんが
いない場合は、お礼の気持ちを贈るのも良いですね。

 

中学校入学は基本的に自動進学となりますが、
校区外の学校を受験をして希望の学校に
合格して入学する場合もあります。

そういった場合には、 合格祝いとして
やや多めに贈ることもあるようです。

 

入学祝いというのは、これから進学して、
さらに勉強やクラブ活動に励んでほしい
という気持ちを込めて贈るものです。

 

新生活に期待しつつも、不安を抱えている
子どもも中にはいるでしょう。

 

お金やプレゼントという形を贈るだけでなく、
励ましの言葉をかけてあげるなどして
お祝いしてあげましょう。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。