日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

賃貸マンションの初期費用はいくら?1年間のトータルでは?

賃貸マンション いくら

賃貸マンションの初期費用はいくら?1年間のトータルでは?春になったら 一人暮らし 引越し
予定している人も多いことと思います。

 

新しい家に移るのはとてもワクワクしますし、
新しい家具を揃えたいなど、夢も膨らみますね。

 

ですが、引越しというのは何かとお金もかかります。

 

そこで今回は、賃貸マンションを借りて
生活するのに、いくら位費用がかかるのか
シミュレーションしてみましょう!

Sponsored Link

 

賃貸マンション・初期費用はいくら必要?

賃貸マンションを借りるにあたっては、
敷金、礼金、不動産屋への仲介手数料等
必要になります。

 

賃貸契約をする時点でまとまった出費が
出てしまうということです。

これらがいくら位必要になるのか、
引越し経験のない人には想定できませんよね。

 

敷金とは、部屋を出ていくときのクリーニング代や
修繕費を前払いするもので、 家賃の1~2か月分位
を借りる時点で支払います。

 

こちらは、退去するときの費用と相殺され、
敷金より費用が少なく済んだ場合には、
いくらかが戻ってくることになります。

(※逆に、敷金0円で入居すると、
退去時にお金を取られることがあります)

 

礼金というのは、賃貸の貸主への挨拶金のような
もので、こちらは退去時にも戻ってきません。

 

また、不動産屋への仲介手数料は、
どの不動産屋で契約するかによりますが、
家賃の50%~100%くらいで設定されている
ことが多いです。

 

たとえば、家賃8万円の家で、敷金と礼金が各1月分、
仲介手数料が家賃の50%とされていた場合に
初期費用がいくらになるかというと・・・

8万円×2.5=20万円が必要です。

 

これに加えて、
「防カビ処置」「光触媒(壁に菌や汚れが付きにくくなる処置)」
といったルームクリーニングのオプション、
部屋の「鍵の取り替え」にも費用がかかってきます。

これだけでも、 別途5万円前後
必要になってくるでしょう。

 

東京で一人暮らしの家賃の平均は8万円位なので、
初期費用には20万円~25万円くらいは、
最低でもかかると思っておくと良いですね。

 

また、 ファミリー物件だといくらになるか
という点ですが・・・

東京の賃貸マンションで2LDK~3LDKといった
場合は、家賃が 15万円以上はかかります。

 

仮に、家賃15万円くらいの物件を借りるとすると、
50万円ほどは初期費用の出費があると想定します。

 

 

賃貸マンション・1年目はトータルでいくら必要?

では、実際に賃貸マンションを借りて生活していくのに、
1年間でいくら位の費用がかかるのでしょうか。

 

家賃8万円のマンションを借りたと想定すると、
1年間の家賃だけでも 96万円かかります。

 

これに加えて、光熱費や食費がかかってきますね。

たとえば光熱費、 電気、ガス、水道ですが、
一人暮らしであっても1ヵ月で1万円前後はかかりますし、
これに携帯電話やネットの通信料も必要になりますね。

 

光熱費と通信料が月2万円とすると、1年間で 24万円です。

 

さらに食費ですが、自炊を頑張って
1ヵ月2万円に収めたとすると、1年間で 24万円です。

ここまでの家賃、光熱費、食費を合わせると、
1年間で144万円です。

 

これが安いと思われるか、高いと思われるかは
人それぞれかと思います。

賃貸マンションを借りる前に、かかる費用を
シミュレーションしておくことは大切ですね。

 
引越しの挨拶に贈る品物は?
 

 
また、この費用に加えて、 交際費、服飾費
などもかかってきます。

 

個人差が大きく出る部分ですが、たとえば毎日
コンビニで150円のペットボトル飲料を買うと、
1年間で54750円もかかります。

 

週に3回コーヒーショップで300円のコーヒーを
飲むと、1年間で43200円も必要です。

 

短期的にみると少ない出費でも、年単位で換算
すると、意外と大きな金額になりますね。

自分自身が何にいくら使っているのかを
見直すきっかけにもなるでしょう。

 

費用は何かとかかってしまいますが、
引越しや一人暮らしを経験することで
得られるものもたくさんあります。

 

ぜひ新生活を楽しんで頑張ってくださいね。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。