日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

甘酒の効能・酒粕と米麹から作ったものの違い!妊婦さんに良い?

甘酒 効能

甘酒の効能・酒粕と米麹から作ったものの違い!妊婦さんに良い?幼いころ、お正月になるとおばあちゃんが
甘酒を作ってくれたのを飲むのが楽しみでした。

子供なのに飲めるお酒みたいな感じで、
ちょっとワクワクしたのを覚えています。

 

大人になってからも変わらず甘酒の季節に
なるとうれしいのですが、 実は健康にも
とってもいいんですよ。

 

そこで今回は甘酒の効果効能について紹介します!

Sponsored Link

 

甘酒の効能・酒粕で作ったもの

甘酒には実は2種類あって、酒粕から作るものと、
米麹と米から作るものがあります。

 

酒粕をお湯でといて砂糖などの甘みを加えて
作るものは、厳密には甘酒とは呼ばないそう。

ただ、自宅で作るときには手軽に作れますね。

 

酒粕には、ビタミンB群の中でもニコチン酸
多く含まれ、頭痛などに効果があるとされています。

 

また、酒粕の持つ効能の中で注目されているのが、
美肌効果です。

酒粕には、発酵の過程の中で生まれたたくさんの
酵素が含まれ、腸に働きかけをしてくれます。

 

腸内環境が整うと、美肌に繋がるのは周知の事実です。

シミの原因となるメラニン色素を抑える作用もあり、
シミ予防への効果も期待されています。
 
甘酒を飲んでも運転できる?できない?
 

 

甘酒の効能・米麹から作ったもの

本来、甘酒と呼ばれるものは米麹と米を炊いて
撹拌し、酵素由来のでんぷんを糖化させて
甘みを出した飲み物のことを指します。

 

冬しか酒の醸造ができない酒屋さんでは、
夏の間に副業として作っていたようです。

 

時間はかかりますが、自宅でもこの方法で
作ることもできます。

 

甘酒というと冬の飲み物という感じがしますが、
実は夏でもおいしくいただけます。

 

そして、ビタミン類や葉酸、食物繊維を多く
含むため、冬の風邪予防にはもちろんのこと、
夏バテ予防にも効果的です。

 

また、米麹にはビタミンB2が特に多く含まれるため、
皮膚を活性化する効能もあり、美肌効果に加え、
皮膚のバリア機能を強くする効果もあります。
 
ひな祭りに白酒を飲む由来!甘酒との違いは?
 

 

甘酒の効能・妊婦さんに良いのは?

妊婦さんはお酒を控えなければなりませんが、
米麹から作った甘酒はアルコールを含まないので、
飲んでも問題ありません。

(※ 酒粕から作った場合でも、アルコールの含有量は
微量でソフトドリンク類に分類されます。

 

むしろ、妊婦さんが摂取したい、 葉酸や食物繊維
豊富に含まれています。

 

体重の急増を抑えたい妊婦さんにとっては、
砂糖が添加されていない米麹から作った甘酒は、
ヘルシーで、甘いものを摂取したい気持ちにも
こたえられるので持って来いですね。

 

また、冷え性を改善する効果も期待できるので、
飲む機会があればお酒だからと言って無理に
控えなくても大丈夫ですよ。

 

甘酒、飲む点滴といわれるくらいに栄養豊富で、
健康への効果効能がかなり期待できます。

 

独特のにおいなどが苦手な場合は、豆乳や牛乳で
割ると、マイルドで飲みやすくなります。

ひな祭りにはノンアルコールのものを
子供と一緒に飲みたいですね。
 
甘酒の保存・冷蔵と冷凍の方法と期間は?
 

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。