日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

ヒヤシンスの育て方!鉢植えの場合は?四角いプランターでも!

ヒヤシンス 育て方

ヒヤシンスの育て方!鉢植えの場合は?四角いプランターでも!早春に花の咲く ヒヤシンスは、
水栽培でよく知られていますよね。

 

でも、ヒヤシンスの育て方として鉢植えや
プランターでの栽培もできるのをご存じですか? 

 

植物は、土での栽培のほうが
慣れている方も多いかも知れませんね。

 

そこで今回は、鉢植えやプランターを使ったヒヤシンスの育て方を紹介しますね。

Sponsored Link

 

ヒヤシンスの育て方・丸い植木鉢での鉢植えでは?

まずは 丸い植木鉢を使ったヒヤシンスの育て方です。

球根を入手したら、10月中旬を目処に植えます。

 

丸い植木鉢での鉢植えの場合、5号鉢なら1球ずつ、
6号鉢でしたら3球くらい植えることができますよ。

その場合、間隔は15cmほど空けてくださいね。

 

球根を選ぶ時は 大きなものを選ぶのがポイントです。

大きな球根ほど、大きな花が咲くんですよ。

 

そしてヒヤシンスの育て方のポイントは
砂の多い土を使うことです。

砂をやや多めに混ぜて使ってくださいね。

 

開花を楽しむだけでしたら、原肥は少なくて
大丈夫ですので、比較的育てやすい花かもしれませんね。

そして、球根が隠れるまで土をかぶせてください。

 

冬場は乾燥しやすいので注意しましょう。

 

 

水やりは、土の表面が乾いてきたら、
たっぷりあげてください。

 

花が咲いて枯れてきたら、手で摘み取ります。

そのままにしておくと種ができて
球根が弱ってしまいます。

 

花が咲いた後、葉が黄色くなってきたら
2~3年に一度掘り下げて球根を取り出します。

何年も植えっぱなしにしていると
土壌が悪くなってしまうので、2~3年を目安に
植え替えるのが長期間育てるポイントです。

 

ヒヤシンスの育て方・四角いプランターでは?

四角い プランターで育てる場合も
丸い鉢植えの場合とほとんど同じです。

 

15cmほどの間隔を空けて、ヒヤシンスの球根を植えます。

四角いプランターでしたら
5球くらい植えることができますね。

 

ヒヤシンスも色が様々ありますので、
2色のヒヤシンスを交互にプランターに
植えたりするのもキレイですよ。

 

また、プランターや鉢植えだけでなく、
花壇でも育てることができます。

ヒヤシンスは砂の多い土壌を好むので、
花壇の土の粘土質が強い場合は
砂を混ぜて植えるとよいですよ。

 

 
ヒヤシンスの育て方というと水栽培が多い
イメージでしたが、植木鉢やプランター、
花壇でも育てること分かりましたね。

 

自宅で使っていないままの植木鉢や
プランターでももちろん育てられますので
ぜひチャレンジしてみてくださいね。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。