日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

うどの食べ方・生なら和え物、おひたし!きんぴら、天ぷらも!

うど 食べ方

うどの食べ方・生なら和え物、おひたし!きんぴら、天ぷらも!寒さがす少し和らいでくると、
山菜もおいしい季節になってきますね。

なかには山菜取りに行くのを楽しみに
している人も多いのではないでしょうか。

 

山菜の中でも比較的早くから
収穫できるものの1つが うどです。

シャキッとした食感がたまりません。

 

比較的簡単に調理もできますので、
今日はうどの美味しい食べ方をご紹介します。

Sponsored Link

 

うどの食べ方・下ごしらえは?

うどはアクが強い食べ物ですので、
調理前には アク抜きが必要になります。

 

生食も可能ですが、生で食べる場合には
酢水に30分程度さらしておきましょう。

下ごしらえをすることで、美味しさが
倍増するといっても過言ではありませんので、
大事なポイントとなります。

 

熱湯で茹でてアク抜きすることも可能ですが、
茹ですぎてしまうと、うど独特のシャキッとした
食感が損なわれます。


さっと茹でるように程度にとどめておきましょう。

 

 
また 若芽も食べることができますが、
芽の間に汚れがたまりやすいので、
水の中で揺らすなどしてごみを取るようにします。
 
下ごしらえが終わったら、調理していきましょう!

 

 

うどの食べ方・和え物やきんぴらで!

食感がいい食材ですので、 シンプルな調理で
簡単な食べ方
が一番美味しいかもしれません。

 

和え物にする場合には、さっと湯がいてアク抜きをし、
醤油・みりん・砂糖・ごまで味付けをします。

ごま和えにすると、うどの食感とごまの香りが
マッチして美味しくいただけます。

 

また、油で炒める調理とも相性がいいので
ニンジンやレンコンなどと一緒に、
きんぴらにするなどの食べ方もおすすめです。

 

炒め物にするときも、酢水に浸して
アク抜きをしておきましょう。

とはいえ、生でも食べられ食材なので、
食感を損なわない程度にさっと加熱します。

 

うどの食べ方・天ぷらや汁物で!

若芽の部分や、成長して太くなり
少し硬くなった茎の部分は、天ぷらやフライ衣を
つけて揚げるのが一番美味しい食べ方です。

 

揚げ物にするときはアク抜きは不要です。

天つゆよりもをちょっと振って食べるのが
通好みの食べ方と言えます。

 

お吸い物に入れても白色がきれいに生え、
春らしい汁物ができあがります。

アク抜きをしないと、色が変わり見た目が
損なわれますので、必ず行いましょう!

 

春先には ハマグリや菜の花などと一緒に
お吸い物すれば色味もきれいですね。
ふきのとうの美味しい食べ方は?
 

 

うどの食べ方・生で食べるなら!?

うどは生食も可能です。

生で食べるときには皮を厚めに剥きましょう。

 

皮の部分は硬くて食べにくいですが、
細切りにしてほかの野菜と合わせて
きんぴら炒めなどの食べ方も可能です。

決して皮を捨てないようにして下さいね。

 

生での食べ方と言えば・・・

皮をむいたら薄くスライスし、アク抜きをします。

そのまま サラダに入れたり、鰹節と醤油をかけて
おひたしにしたりします。

 

また、スティック上に切り、モロきゅうの要領で
味噌または、酢味噌をつけていただくのも
美味しい食べ方です。

 

 

山菜の季節が今から恋しいですね。

うどは季節になるとスーパーでも
手に入りやすいですので、ぜひ見かけたら
試してみてくださいね。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。