日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

赤ちゃんのおむつかぶれの原因と対処法!カビによる皮膚炎は?

赤ちゃん むつかぶれ

赤ちゃんのおむつかぶれの原因と対処法!カビによる皮膚炎は? 赤ちゃんの皮膚はデリケートなので
おむつかぶれを起こすことがあります。

 

一時的なもので早期に治る場合もありますが、
カビが繁殖して、なかなか治らない場合は
困ってしまいますね。

赤ちゃんが不快感で泣き止まない
なんてことになってしまうこともよくあること…。

 

そこで今回は、赤ちゃんのおむつかぶれの原因や対処法についてご紹介します!

Sponsored Link

 

赤ちゃんのおむつかぶれ・原因はカンジダというカビかも?

赤ちゃんのおむつかぶれの原因は、様々あります。

風邪をひいていたり、夏で汗をかいていたり、
肌の状態がなんらかの原因で良くない時に
起こりやすくなります。

 

蒸れたり、うんちやおしっこが肌に触れていて
微生物が増殖してしまったりすることによって
肌がかぶれてしまうことも多いんです。

 

おむつかぶれは一時的に起こることが多いので、
きちんとケアをすれば徐々に改善されます。

ただし、なかなか治らない場合、
原因を究明する必要があります。

 

実は、蒸れたり不清潔にしていると
カンジダというカビによる皮膚炎
繋がりやすいのです。

 

基本的に、おむつかぶれはおむつが
当たっているところにしか起こりません。

 

しかし、 シワの中をはじめ、さほど当たっていない
部分まで炎症が広がってしまったら、
カンジダというカビが原因である疑いが強くなります。

早めに皮膚科を受診しましょう。

 

 

赤ちゃんのおむつかぶれ・対処法は?

赤ちゃんの肌を守るために大事なことは、
清潔に保つことと、乾かしてあげること。

汚れたまま、湿ったままにしておくのはNGです。

 

おむつ替えはなるべく頻繁に行い、
うんちの時だけでなく、おしっこのときも
キレイに拭いてあげてください。

 

うんちのときは拭くだけでなく、 シャワーや
座浴
でおしりを洗ってあげるのが最も効果的です。

 

拭くだけでは汚れは落としきれませんし、
ゴシゴシ強く拭いてしまうと刺激になり、
かえって悪化してしまう場合もあるからです。

 

ですから、まず簡単に優しく拭きとってから
お風呂に行ってぬるま湯で流してあげましょう。

 

しっかり乾かしてあげることことも重要なので、
優しく水分を拭き取って下さいね。
 
乳児のあせもの治し方
 

 

赤ちゃんのおむつかぶれ・薬は?ワセリンやロコイド軟膏?

おむつかぶれで赤ちゃんが痒がっている時は
どんなを塗ってあげればよいのでしょうか。

 

まず、赤ちゃんの肌は非常にデリケートなので
お肌に優しいものを選ぶのは絶対ですよね。

「ポリベビー」などの商品もあるので、
試してみてもいいかもしれません。

 

大人が使える 市販のロコイド軟膏やワセリン、
馬油やオリーブオイル
なども効果的です。

キレイになった肌をしっかり保湿してくれるので、
次第に炎症部分が治まっていきます。

 

また、軟膏などを塗っておくことによって
お肌が保護され、汚れが直接肌につかなくなる
という効果もあるんですよ。

 

カンジダが原因という場合は、
対応する薬も必要になりますので、
専門医に相談して下さいね。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。