日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

スミレの花言葉は「小さな愛」「小さなしあわせ」、色別も紹介!

スミレ 花言葉

スミレの花言葉は「小さな愛」「小さなしあわせ」、色別も紹介!今や、誰もが知っている花、 スミレ

この花から伝わってくるイメージとは
どのようなものでしょうか?

 

消費税が8%に増税されたタイミングで、
普通郵便の値段も上がりましたね。

 

このタイミングで切手のデザインも一新され、
スミレは普通郵便の92円切手のデザインに
採用されています。

そこで今回は、すみれの花言葉や特徴をまとめてみました。

Sponsored Link

 

スミレの特徴は?

スミレの花、きっと一度は見たことが
あるのではないでしょうか?

道端にさく 小さな紫色の花ですね。

 

スミレは、菫(すみれ)科の植物です。

実は類似品種がとても多いのですが、
広義にスミレと呼ばれる花の学名は
「Viola mandshurica」です。

 

Violaとは紫色という意味ですね。

道端に咲く野草を指しますが、園芸品種で
よく似た花にパンジーがあります。

 

開花時期は3月~5月頃で、北海道から九州まで
日本列島には幅広く分布しています。

 

花の名の由来には、花弁の開き方が墨入れ(墨壺)
に似ていることから、すみいれ→すみれといった具合に
変化したといわれています。

 

和歌などで、春を表す季語としても
よく使われていました。

松尾芭蕉の句にも
『山路来て なにやらゆかし すみれ草』
という歌があります。

 

 

スミレの花言葉は?

スミレの花言葉は、

『小さな愛』『小さなしあわせ』『誠実』

です。

小さなという表現がなんとも
スミレの花らしくいいですね。

 

また、 誠実というのは、道端にひっそりと
花を咲かせる姿を思わせます。

 

また、西洋では
バラ(美)・ユリ(威厳)・スミレ(誠実)
兼ね備えた女性が理想といわれ、
多くの聖母にささげられています。

 

バラ、ユリと並ぶとスミレは 小さく地味に
見えますが
、道端でひっそりと、でも、
力強く咲く姿をとらえているのでしょうね。
 
チューリップの花言葉は永遠の愛!
 

 

スミレの色別の花言葉は?

スミレは紫の花だと先ほど説明しましたが、
実はこの花は種類がとても多いです。

 

紫だけでなく、ほかの色の花もありますので
色別の花言葉を添えて紹介します。

 

・ピンク『希望』

野草ながらも鮮やかなピンク色を咲かせます。

 

・白『あどけない恋』『無邪気な恋』『純潔』
紫に次いでよく見かける色です。

色のイメージがそのまま花言葉になったようですね。

 

・青『用心深い』『愛情』

青色の持つ凛としたイメージを感じさせます。

 

・紫『貞節』『愛』

貞節とは、女性が特定の
相手以外には心を許さないという意味です。

誠実をもっと深い意味で表したということになるのでしょう。

 

・黄色『田園の幸福』『つつましい喜び』
こちらも黄色のイメージにぴったりですで、
田園風景に咲く黄色いスミレが目に浮かびます。

 

今回はスミレの花を紹介してきました。

 

野草なので普段は何気なく素通りしてしまいますが、
実は西洋では聖母にささげられる 特別な花

春になって咲いているのを見かけたら、
ぜひこの花言葉を思い出してくださいね。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。