日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

ニット帽の洗濯方法!アクリル、ウールが縮んだ場合の再生術!

ニット帽 洗濯

ニット帽の洗濯方法!アクリル、ウールが縮んだ場合の再生術!防寒対策として冬の間活躍してくれる ニット帽

頭皮は冬でも汗をかきやすいので、
こまめにお手入れしたいですよね。

 

でも、毎回クリーニングに出すのは
結構な出費になってしまいます。

 

かとって、 自分で洗濯すると
縮むこともあるので、難しいですね。

 

そこで今回は、ニット帽の洗濯方法や
縮んでしまった場合の再生術
についてご紹介します!

Sponsored Link

 

ニット帽の洗濯・縮みやすい!

アクリルや、ウールなど、素材によって
細かいお手入れの仕方は異なります。

 

ニット帽はゴムのように伸縮できるような
編み方をしているものもあり、縮みやすいです。

 

洗濯する前に、 商品のタグをよく確認して、
まずはその方法に従った洗い方をします。

洗濯機の使用は避けた方がベターです。

 

中性洗剤を溶かしたぬるま湯で
優しく押し洗いし、よくすすぎます。

ニット類は洗剤が残留しやすいので、
すすぎは重要なポイントです。

 

また、乾かす前に 丁寧に形を整えてから干す
というのも非常に大切なポイントとなります。

 

 

ニット帽の洗濯方法・ウールは?

ウール(羊毛)はとにかく縮みやすく、
傷みやすい繊細な素材です。

基本的に洗濯はしない方がいいので、多少の汚れの
際には、除菌スプレーなどで対応します。

 

どうしても洗いたいという場合には、
手洗いで優しく扱います。

 

また、すすぎ後の水分は、タオルなどで挟んで
形を整えながら絞り、
なるべく素早く乾かしましょう。

 

ニット帽の洗濯方法・アクリルは?

ニット帽によく使用されているのが アクリルです。

洗濯しても縮みにくいのですが、
毛玉になりやすい素材でもあります。

 

アクリルやポリエステルなどの化学繊維
比較的丈夫なのですが、大切な帽子の場合は
洗濯機より手洗いのほうが良いでしょう。

 

縮みにくい素材のため、頭のラインに
ゴムが入っていることもあります。

洗濯の際にこれを切らないように注意してください。

 
セーターの縮み修復にはリンス、トリートメント!?

 

 

洗濯で縮んでも元に戻せる?

洗濯機で洗ったりして縮む場合もありますね。

ニット帽が縮んでしまったら
スチーム機能の付いたアイロンを直接当てず
スチームを当てながら伸ばします。

1センチくらい素材から離して使うのがコツです。

 

それでもうまくいかない場合には、
洗面器にぬるま湯を張り、 ヘアトリートメント
を溶かしたものにニット帽を浸けます。

 

押し洗いするようになじませたら、
30分くらい浸け置き状態にします。

 

水気を切った状態でスチームアイロンを
当てると、見事に復活させることも可能です。

 

また、乾かすときに元のサイズくらいに切った
段ボールにはめて、形を整えて干すのも効果的です。

 

大切にしていたニット帽・・・

縮むことはもちろん、 毛玉だらけ
なったりしたらショックですよね。

丁寧にお手入れをして、長く愛用したいですね。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。